ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。
[1099] [1098] [1097] [1096] [1095] [1094] [1093] [1092] [1091] [1090] [1089]
試合結果と詳細はスポナビとangleJAPANから。
「金網6WAY戦を前に新たな因縁が勃発」(スポナビ)
「1.20後楽園でCIMA対YAMATOが決定」(スポナビ)
「ドラゲー版世代闘争はベテラン軍と新世代軍に、第二世代が加わり三つ巴の争いに!」(angleJAPAN)
------------------------------------
12.25 東京・後楽園ホール

もっちー&○フジイ&シーサー(雪崩式ノド輪エルボー)元気&論外&アラケン×

○戸澤(ジャーマンスープレックス)KAGETORA×

神田&○Kzy(スカイデ・スクールボーイ)土井&谷嵜×

○CIMA&Gamma(シュバイン)YAMATO&シーサーBOY×

○菅原(十三不塔)信悟×

○クネス&享&MAZADA(ダークネスバスター)キッド&ハルク&吉野×

------------------------------------

ここ最近元気の無いKAGETORAはこの日も戸澤に敗戦。
試合後、戸澤にBATTLE OF TOKYOでの試合を要求されると、オレはどうしてもやりたい選手がいるから代わりに1回戦の相手を用意してやると言い、Ken45°のBATTLE OF TOKYO参戦を発表。
そしてKAGETORAがどうしてもやりたい相手というのは菅原。
これで参戦選手はセミファイナルで勝利した菅原を入れて全8選手が決定。
------------------------------------
【BATTLE OF TOKYO 2009 ワンナイト・トーナメント出場者】
《Aブロック》
 スペル・シーサー、円華(フリー)、戸澤陽、ken45°(フリー)
《Bブロック》
 Kzy、GENTARO(FREEDOMS)、KAGETORA、菅原拓也(フリー)
------------------------------------
1回戦の対戦カードはドラゲーNEWSをどうぞ。
しかし去年のKAGETORA参戦も中々興味深かったけど、今年の注目はkenとGEN。
この2人とドラゲー選手との絡みは是非とも見てみたい。


第4試合、CIMA&GammaはシーサーBOYを捕まえてあっさり勝利するものの、それで収まらないのはYAMATO。
「(お客さんに)本当に見たいのはタッグなんかじゃねぇよな?」(YAMATO)
「先月がイリミネーション、今日はタッグ、福岡のツインゲートもタッグ、
 これで終わらす気がないんやったら、オレとオマエにあと何が残っとんねん。」(CIMA)
「オレとオマエはもう2年近くやってんのか。
 そろそろ正真正銘の決着戦やろうや。」(YAMATO)
という事で、来月20日の後楽園ホールでCIMA対YAMATOのシングル決定。
------------------------------------
☆2009年1月20日(水)東京・後楽園ホール

【特別試合=シングルマッチ】
 CIMA VS YAMATO
------------------------------------
以前京都KBSホールでCIMAとYAMATOはシングルマッチを行ってるけど、その時の結末はハルク乱入によるノーコンテスト。
まあ当時のYAMATOはまだマッスルの中でも下っ端だったからね。
今、CIMAとYAMATOがシングルを行ったら歓声は二分されそう。
それくらい今のYAMATOの勢いは凄い。
個人的な要望としては、完全決着戦をつけるのであれば後楽園ホールではなく両国まで引っ張ってくれたらいいんだけどなぁと思う…。
どうせなら生で見てみたいし。


セミファイナルは、菅原が急所攻撃からの十三不塔2連発で信悟から勝利。
「前チャンピオンがこんなもんじゃ、現チャンピオンはもっと大したことないんだろうねぇ。」(菅原)
「オマエが今日勝った鷹木信悟はドラゴンゲートで一番情けないヤツや。
 あさっては久々に暴走マッスル全開でいかせてもらうから覚悟しとけ。」(土井)


メインは相変わらずのキッドの誤爆からクネスが解禁ダークネスバスターで吉野からピン。
試合終了後キッドに詰め寄る吉野。
「何やっとんじゃ!」(吉野)
「これは誤解だ。」(キッド)
「余計なことしやがって。」(吉野)
「オマエがしっかり持ってないからこうなったんだよ。
 オイ、ハルク。
 こんな負けっぱなしのヤツよりオレと組もうぜ。」(キッド)
ハルクはソバットで返答。
「オレは吉野さんと組むに決まってんだろ!
 大体KAMIKAZEのメンバーはどこ行ったんだよ。」(ハルク)
福岡での金網戦を前に完全に孤立化してしまったキッド。

そしてバックステージ。
「キッドこっちに入れちゃう?」(クネス)
「あの負のオーラはこっちに来ちゃマズイ。」(享)
さらにクネス。
「このタイミングで俺が第一線にわざわざ復帰したってことは、理由は1つしかないだろ!
 俺のケガは完治した。
 完全体に戻ったから自信満々にこのトップ戦線に戻って来たんだ。
 俺は元々弱い人間じゃないんだ。
 それはみんな知ってるだろ?
 実力は分かっているよな?
 それを邪魔するケガってものがあったから、第一線から退いていただけ。」(クネス)
確かにクネスの実力はお客さん全員分かってると思うよ。
後は体調さえ戻ってれば、吉野と名勝負を繰り広げてた頃に戻れるかなぁ。
一方のWORLD-1
「クネスは入るは、斎了はケガするは、キッドと組んだらロクなことはない。」(吉野)
当のキッド。
「KAMIKAZEがセコンドについてなかったからオレのフォローが出来なかった。
 吉野もハルクも何にも分かってくれない。
 この分だと金網、本当にとんでもないことが起きるよ。」(キッド)

金網でキッドのヒールターンありえるか?





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ken45°って元ハポネセスの華井さんでしたっけ?

CIMA vs YAMATO…
CIMAが負けたら失望します…笑。キャリアの差を見せつけて欲しい!!!

がっちゃん強い!!土井戦で勝ったらベルトに挑戦しそう。。
なつき 2009/12/26(Sat) 編集
リアルハザードの享
昨日、後楽園の試合を観戦してきた。
前回のホールからリアルに入った享だけど、第一試合の前にマイクをもって話してたけど、普通に敬語使ってたし、セコンドにいたときも乱入してなかったし、自分の試合でも反則攻撃してないしいたってヒールの享ではなかった。菅原のほうが反則してたし、よく享の立ち居ちがわからない。
試合後には、クネスとサイン会してたし。
ついでに、昨日のホールにハヤブサさんが来てた
ラナ 2009/12/26(Sat) 編集
なつきさん
仰るとおり、kenは元パイナップル華井ですね。
これでロスサルサロスハポネセスの3人は武勇伝、WORLD-1自主興行、BATTLE OF TOKYOでそれぞれドラゲーのリングに上がったといえるわけで、残る闘龍門Xの選手ではバラモン兄弟がいるんですよねぇ。
是非ツインゲートのタイトルマッチをYAMATO&信悟対バラモン兄弟でやって欲しいです。

CIMA対YAMATOでは僕もCIMAを応援しますが、結構YAMATOが勝っても違和感ないんですよね。
YAMATOはJカップでの実績もありKING OF GATEの優勝候補と言っても過言ではないですし。
しかしそんな時だからこそCIMAの底力を見せつけて欲しいトコロです。

がっちゃんは福岡で勝つようなことがあればドリーム挑戦は十二分でありえますね。
ただこの土井ちゃんもここで負けてしまうとこの一年が無駄になってしまうような気がしますし、負けられない戦いになりますねー。
ペイタン URL 2009/12/26(Sat) 編集
ラナさん
クネス加入以降、リアルハザードは単なるヒールというわけではなくなってきてるようですね。
クネスも「生まれ変わった新生リアルハザードの形だ」と言ってるみたいですし。
今後、クネスカがマッスルアウトローズでいう土井吉みたいな位置づけになってくるのかもしれませんね。
ペイタン URL 2009/12/26(Sat) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
10
14 18
24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
ドラゴンゲートブログ更新通知bot
リンク
amazon.co.jp
amazon.co.jp
googleadsense
プロフィール
HN:
ペイタン
性別:
男性
自己紹介:
このブログはドラゴンゲートメインのプロレス観戦記ブログになります。
ドラゲー以外の団体はWWEや新日本等も観戦しますが、ブログで観戦記を更新することは基本的にないと思います。

管理人への要望や苦情はメール、またはtwitterからどうぞ。
twitterアカウントは@dragatelivevol1です。
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
googlesitemap
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
最新コメント
[08/23 まきし]
[08/23 kamon]
[08/23 Enigma]
[08/23 匿名]
[08/23 ペイタン]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ドラゲーライヴ Vol.1 All Rights Reserved
/