ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

土井ちゃん初防衛に成功~2.8 名古屋国際会議場~

試合結果はスポナビと週プロモバイルから。
土井が王座初防衛 岩佐を猛虎原爆固めで撃破(スポナビ)
--------------------------------
2.8 愛知・名古屋国際会議場

○もっちー&リベラ&超神龍(即頭部へのキック)フジイ&ターボマン&藤田洋平×

ハルク&○PAC(360°シューティングスタープレス)シーサー&BOY×

○Gamma(反則勝ち)元気×

○享&斎了(幻壊)吉野&谷嵜×

○王子(腕固め)サイバー×

名古屋式イリミネーションマッチ
YAMATO&神田&アラケン&KAGETORA対信悟&キッド&王子&剣心

○KAGETORA(一騎当千)剣心×
×神田(パンピングボンバー)信悟○
×KAGETORA(ウラカンラナを切り返してエビ固め)キッド○
○アラケン(オーバー・ザ・トップロープ)王子×
×YAMATO(オーバー・ザ・トップロープ)信悟○
○アラケン(オーバー・ザ・トップロープ)信悟×
○アラケン(ビール瓶攻撃)キッド×
※リアルハザードが一人残りで勝利

ドリームゲート王座戦
○土井(タイガースープレックスホールド)岩佐×
※第10代王者・土井が初防衛に成功

--------------------------------
セミファイナルで行われる名古屋式イリミネーションマッチの抽選式を第1試合前に行う。
昨日の京都大会でケガした戸澤は会場にも来ることができず。
「こんな大事な試合の前にケガするなんて、
 戸澤ってヤローは本当にプロ意識のないヤツだな。」(YAMATO)
「今日はオレ達3人(信悟・キッド・剣心)でお前ら4人を相手してやろうじゃねぇか。」(信悟)


王子対サイバーは、キラーぶりを発揮して何と王子が勝利。
「サイバー!プロレスはなぁ、力だけじゃないんだよ!
 なんだったら、次はオマエのそのマスクひっぺがして無様な姿を見せてやるよ、このヤロー!
 それと信悟!
 この後の名古屋式、戸澤がいなくて一人足りないんだろ。
 僕の標的はサイバーのクビ一つ、
 だけどリアルハザードを気に入らない気持ちはシーサーズもKAMIKAZEも一緒。
 この状態で戦力になるか分からないけど、僕をメンバーに入れてくれ。」(王子)

というわけで、名古屋式イリミネーションマッチのKAMIKAZEのメンバーに王子が入ることになる。


その名古屋式イリミネーションマッチで勝利したリアルハザードの面々。
「息も上がってないですね。」(YAMATO)
「俺、途中でビール持って飲んじゃってさ。」(アラケン)
「KAMIKAZEって何だ?寄せ集めか?」(神田)
「いやぁひどい。」(KAGETORA)
「ドラゴンゲート史上最悪のユニットだよ、あんなの。」(YAMATO)

対するKAMIKAZE。
「アイツら実力ねぇからああいう凶器使うんだろ。
 後楽園で俺が負けて、今日も負けたけどよ、
 こんなんじゃ俺らは、お客さんは納得いかねぇだろ。」(信悟)
「次は戸澤がやってくれると思います。
 それとサイバー、やり足らないんだったらいつでもやってやるからな。」(王子)



メインのドリームゲート戦は、土井ちゃんが序盤にターンバックルを外した金具むき出しのコーナーに岩佐の頭をぶつけてからのタイガースープレックスで勝利。
「岩佐、これがお前の9年間と俺の9年間や。
 でも俺は逃げも隠れもせん。
 また挑戦してこいや。
 ありがとう!」(土井)
そして、土井ちゃんは今年も5.5愛知県体育館大会の開催を発表。
バックステージでのコメント。
「岩佐の9年間と俺の9年間、差っていうのはごくわずかですけど、
 その差っていうのは汚いことをしてきてないかだと思います。
 次は3月22日の両国国技館。
 俺はここでドラゴンゲートのチャンピオンとして、ドリームゲートのタイトルマッチがやりたいです。
 (次の対戦相手は)誰でもいい。
 ドラゴンゲートの選手でも、他団体の選手でも、外国人でも誰でもいいです。」(土井)
「最後の最後でターンバックルを使うっていうのは、向こうはヒールを経験したっていう部分で、
 いい意味のこずるさというのがキャリアの差かなと思いました。
 まだこれからですよ。
 悔しいけど最高でした、今日は。」(岩佐)

これで、両国のメインを努めるのは土井ちゃんでほぼ決まりでしょう。
後は対戦相手。
初の両国大会なんだから、ドラゴンゲート内から挑戦者が出てきてほしいなぁ。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...