ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ロウ #715

RAWの感想を書く前に、土曜日のノア興行で書くのを忘れてたことを一つ。
観衆/1600人(超満員) はさすがに無理がある。
まあプロレス業界は、プロ野球界以上に水増し発表は当たり前のことではあるけど、土曜日は明らかに空席が結構あったもんな。
そういえばやっぱり観客層は男多いね。
ドラゲーが女性客多いからそう思うのかも知れへんけど、歓声も野太い。(   ̄▽ ̄)ハハハ


さて今日のRAW。
いきなりアンダーテイカー登場。
続いてシナも登場。
先週のスマックダウンでは蚊帳の外だったラシュリーも来た。
そしてバティスタも来て、王者勢揃い。
一応全員をにらみつけた後に、首を掻っ切るポーズを見せて、テイカーの相手はバティに決定。
そこにHBK登場。
シナに挑戦を表明するも、オートン、エッジ登場。
エッジが訳分からない理由で挑戦するって言ってたところに、ビンスまで登場!
最初から豪華な展開。
ラシュリーここでも置いてけぼり~、と思ってたらビンスが
"今現在ではラシュリーが最強の王者ということだな。"
それは違うでしょ。(  ̄ o ̄)ノ
一番人気のない番組の王者なんちゃうの?
"今夜、RAWの控え室にいる者がラシュリーに挑戦するだろう。"
って、ここに居ないRAWのメンバーだとジェフとかベンジャミンとかカリートくらいちゃうん?
さらに
"今夜このリングでオートン対エッジ対HBKのトリプルスレッドだ!"
"勝者はレッスルマニアでシナに挑戦することになる!"
その後、リングに残ったバティがテイカー相手にベルトをアピールしたら、逆にチョークスラムを喰らってしまう。


カリート&クライムタイム対世界最強タッグ&マスターズ
最初はJTGがつかまるも、なんとかカリートに代わりラッシュを見せる。
その後シャドがマスターズを場外に落とし、カリートがハースをジャパニーズレッグロールクラッチで固めてるところに、ベンジャミンがスワンダイブのネックブリーカーを決めてハースが逆に丸め込み、さらにタイツ掴みで勝利。
先週はハースがDDTだったし、このパターンでまだまだいきそうやね。
最後のシーンだけ、"おっ!"って思った。
ていうかこの試合にシャドいらんやん。


バックステージでコーチとビンスが話してるところに、ケニー登場。
"お願いします。ラシュリーとやらせてください。"
おいおい、他におらんのかRAW?


ボールズ・マホーニー対ウマガ
ウマガがラシュリーに挑戦したら面白そうやってんけどな。
結構ECWやったらウマガが王者でも問題なさそうやし。
最後はサモアンスパイクでウマガの勝ち。


ナイトロ対スペル・クレイジー
セコンドにメリーナとミッキー。
途中クレイジーが風車式バックブリーカーを見せるも遅い。
エディの綺麗さには遠く及ばない。。。
試合自体は5分くらいでクレイジーがナイトロにムーンサルトで勝利。
なんかクレイジーのプッシュが始まってんね。


ミッキー対メリーナの女子王座戦。
思ったより長い時間してて、メリーナも予想以上に頑張ってた。
最後はロープ際の丸め込みでミッキーが防衛。
それはいいけど、ビクトリアを出してあげて、ビンス。m(_ _)m


ジェフ対ネイチ
この試合でネイチが勝てばレッスルマニアでIC王座に挑戦できるみたい。
いつのまにそんなことが決まっていたのか?
できればジェフにはマネーインザバンクに出て欲しいけど、この感じだとレッスルマニアでは王座戦に回るんかな?
試合はネイチがヒザを痛めた(?)ジェフをリードする展開。
ジェフも反撃を見せてエンズイギリからウィスパーインザウィンドにつないで、スワントーンを繰り出すもかわされる。
そこでノリノリのネイチが足4の字に行こうとしたところを、ジェフがスモールパッケージホールドで丸め込んで勝利。



ラシュリー対ケニーのECW王座戦
ケニーのオーバーアクションのタイミングが合わない。
別にオーバーアクションのパンプはいいと思うけど、タイミングが一つ合わないとしらけてくるもんなぁ。
となるとロックは上手やったな~。
試合自体はケニーがスリーパーで攻めたところから、ラシュリーがTボーンをきめてあっさり終了かと思ったら、CMはさんでる!
CMあけてから、ラシュリーのスピアーをキックで迎撃するけど、自分もよろけるケニー。
ラシュリーに突っ込んだところに、ゴリラプレスで持ち上げられた後、そのまま落とされてラシュリー勝利。
別にCMはさむような試合ではないような気もするけど。


バックステージでカリートがトリーと一緒に帰ろうとしてる。
そこに居たのがネイチ。
熱いテンションでカリートを非難。
心を打たれたわ~。
ネイチでもレッスルマニアに出るために、これだけしてるんだって感じで。
ここまで言われたら、来週のRAWでカリートも何かせんといかんな。


エッジ対オートン対HBKのレッスルマニアでの挑戦者決定戦
個人的にはオートン希望だがHBKの可能性が高いか。
最初はエッジとオートンが共闘してHBKを攻める。
CM明けにいきなりオートンが場外に落とされて、エッジ対HBKの局面に。
その後、オートンが戻ってくると、エッジが排除されてオートン対HBKに。
HBKがバックスライドをオートンに決めた後、オートンが立ち上がり電光石火のRKO!
オートンがフォールに行ったところを邪魔したエッジがオートンと一触即発のムードになる。
ここは一旦HBKを排除しようぜという握手の直後、殴りあう2人。
そのままダブルでクロスボディが決まってしまい、2人ともダウン。
そこに帰ってきたHBKが、ダウンしているエッジにダイビングエルボー後、スイートチンミュージックを狙うも、エッジにかわされて、オートンに足を掴まれる。
そこにエッジがスピアーを狙うも、HBKがかわしてオートンに直撃。
HBKはエッジにスイートチンを決めて、エッジは場外へエスケープ。
HBKがオートンをフォールして3カウント!


試合後に、シナはリング上へ。
バティがステージ上にいるところに、テイカーがステージの右側にせりあがってくる。
バティとテイカーが睨みあいするが、しばらくすると2人ともリング上のシナとHBKを睨んで終了。


ノーウェイアウトのタッグマッチはちょっと分かりにくいカード編成になってしまったような感もある。
どうせならテイカー&HBK対バティ&シナなら分かりやすいと思うねんけど。
まあノーウェイアウトまでシナリオがあるやろうから、それを待ってみましょ。
というわけで、レッスルマニアのカードはHBK対シナのWWE王座戦とテイカー対バティの世界ヘビー級王座戦。
これだとHBKとテイカーが引退前に戴冠という可能性も高い。
それともベテランに引導を渡すかというところやけど、おそらくファンはHBKとテイカーを応援するやろうから、シナもバティもブーイング受けてしまうやろうな。
エッジとオートンはノーDQでシングル希望。
結局ラシュリーは蚊帳の外なんだな。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...