ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ONS前夜の大乱闘~ECW #103 ~

CIMAはトークショーなんかやってる場合なんすか?
ブログの更新がちょっと滞ってたし、ようやく最近になってまた再開してくれたけど、月曜日に更新してる「至福の数時間」の時の写真を見るとちょっとひくよなぁ。
これがあのCIMA?って感じで。
トークショーに行ってケガの話をされたら、いつもの絶妙なマイクだったとしても、"イヤコレ笑えへんわ・・・。"という結果になりそうなんだけど。

まあ、トークショーの前に大阪府立があるんで、そこで回復具合が見れるかもしれないし、もしくは回避する可能性も低くはない。
ファンの本心は、じっくり休んで100%の状態のCIMAで帰ってきてほしいんだけどね。


さて今日のECW。

ビッグショー対ドリーマー
試合は、ドリーマーのセカンドロープからの攻撃を豪快に叩き落したビッグショーがチョークスラムで勝ち。


キングストン対ノックス
試合は劣勢だったキングストンがダイビングボディプレスからのジャマイカンバズソーキックで勝利。
試合後にベンジャミン乱入。
キングストンがベンジャミンと殴り合ってると、キングストンの背後からノックスが襲い掛かり変形ネックブリーカーを決める。


チャボ対パンク
試合はコーナーへのヒザをかわしたチャボがスクールボーイで丸め込んで3カウントを奪う。
でも、この試合は中々面白い。
チャボが見せるハーフボストンクラブや、go2sleepをウラカンラナでかわしたところはさすがの一言。
パンクもカバンを取ってから負けまくってるけど、成績と反比例して内容は良くなってるよなぁ。


ケイン対モリソン&ミズ
試合はモリソンとミズが2人がかりでケインをボコる為にレフェリーが反則負けを取る。
その後、リング内にはチャボ・パンク・ドリーマーが次々にリングインして乱闘開始。
最後に満を持してビッグショー登場。
ビッグショーとケインはその他大勢をリングから放り出し、最後はお互いに睨みあいながら放送終了。
ONSではECW王座戦はしないけど、ケイン対ビッグショーのECW王座戦はぜひともECWルールでやってほしかったなぁ。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...