ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

サバイバルリーグ戦10戦目~8.20 福岡・博多スターレーン~

本日はサバイバルリーグ戦、全23大会の10戦目となる博多スターレーン大会。




試合結果はドラゴンゲート公式ツイッターから。


(第2試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/899195149871235074
(第3試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/899195781458018304
(第5試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/899196692687343618
(第6試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/899213865673605120


第2試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
○ヨースケ・サンタマリア(2分48秒 狙い撃ち)×パンチ富永


第3試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
堀口元気H.A.Gee.Mee!!&○斎藤“ジミー"了(11分45秒 ダブルクロス→体固め)Gamma&×石田凱士


第5試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
土井成樹&○吉野正人(20分56秒 ソル・ナシエンテ)YAMATO&×B×Bハルク


第6試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
CIMA&ドラゴン・キッド&Eita&○山村武寛( 25分0秒 スターダストプレス→片エビ固め)鷹木信悟&T-Hawk&吉田隆司&×エル・リンダマン

サバイバルレース初出場となったパンチは3分足らずでマリアに敗戦。
ヴェルセルクはメインでもオーバージェネレーションに敗れ、この日は2戦2敗。

セミファイナルでは土井吉対YAMATO&ハルクという好カードが組まれ、結果は吉野がハルクから勝利。
ハルクは先日の福山大会に引き続き連敗。



また、信悟が大田区体育館大会にてトライアングルゲート戦は行わずに有刺鉄線マッチを行うことを発表。
凶器公認のストリートファイトマッチは以前にも行われていましたが、有刺鉄線がドラゲーに持ち込まれるのは初めて。
当日、会場がどんな空気になるのか、そして対戦相手は誰になる?




博多スターレーン大会終了時点のユニット及び個人成績は以下の通り。
トライブヴァンガードとMaxiMuMの負け数が5で並ぶ。
(順位は負け数基準、同数の場合は勝ち星が多い方を上位としています)

1.MaxiMuM 10勝5敗
(土井成樹:2勝0敗
 吉野正人:3勝0敗
 Kotoka:2勝1敗
 ビッグR清水:3勝1敗
 Ben-K:0勝3敗)

2.トライブヴァンガード 7勝5敗
(YAMATO:3勝1敗
 B×Bハルク:1勝2敗
 Kzy:2勝1敗
 ヨースケ・サンタマリア:4勝1敗)

3.ヴェルセルク 6勝8敗
(鷹木信悟:2勝3敗
 T-Hawk:1勝1敗
 吉田隆司:1勝2敗
 エル・リンダマン:2勝4敗
 パンチ富永:0勝1敗)

4.ジミーズ 6勝9敗
(ジミー・ススム:1勝0敗
 ジミー・神田:1勝1敗
 斎藤“ジミー"了:2勝4敗
 堀口元気H.A.Gee.Mee!!:1勝1敗
 ジミー・カゲトラ:0勝1敗
 ジミー・クネスJ.K.S.:1勝2敗)

5.オーバージェネレーション 8勝10敗
(CIMA:1勝1敗
 ドラゴン・キッド:2勝1敗
 Eita:4勝1敗
 山村武寛:1勝1敗
 石田凱士:0勝6敗)

(※8.8後楽園ホールで行われたイリミネーションマッチの結果により、トライブヴァンガードとヴェルセルクについては選手とユニットの勝敗数は一致しません。)

ジミーズTVOGヴェルセルクMaxiMuM成績
ジミーズ0-44-22-10-26-9
TRIBE VANGUARD4-00-13-10-37-5
OVER GENERATION2-41-02-23-48-10
ヴェルセルク1-21-32-2
2-16-8
MaxiMuM2-03-04-31-210-5




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...