ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

Dr.ヴェルセルクの正体はパンチ富永!ドリームゲート同門対決はYAMATOがハルクから勝利!~2.2 東京・後楽園ホール~

第1試合前にYAMATO対ハルクのドリームゲート戦調印式が行われる。
両者調印後に意気込みを語る。
連敗のモヤモヤをYAMATO相手に晴らします。」(ハルク)
「ボクはキレたB×Bハルクが見たい。ハルクをキレさせた上でボクが勝ちます。」(YAMATO)




【第1試合:6人タッグマッチ】
ドン・フジイ&シュン・スカイウォーカー&吉岡有紀 vs 堀口元気H.A.Gee.Mee!!&ジミー・ススム&ジミー・カゲトラ

車懸でカゲが吉岡から勝利。





【第2試合:シングルマッチ】
山村武寛 vs ビッグR清水

ビッグは珍しくキックを多用。
山村も砲丸投げスラムを飛びつき腕ひしぎに切り返すが、ビッグは山村をコーナーに叩きつけて技をほどく。
ビッグはコーナートップからOTAKEBI狙いも、山村は雪崩式フィッシャーマンで投げる。
山村はスワントーンからスターダストプレス(?)狙いもビッグ回避。

試合終盤、山村は側頭部へのキック3連発。
カウント2で返したビッグはリバースエアプレーンスピンから後方へ投げる。
砲丸投げスラムを決めたビッグだがフォールに行くのが遅れてカウント2。
ビッグは再度砲丸投げスラムを決めたがタイムアップのゴング。
結果は20分フルタイムドロー。





【第3試合:タッグマッチ】
斎藤“ジミー”了&ジミー・神田 vs “brother”YASSHI&Dr.ヴェルセルク

ブラザーに斎了ロケットが決まったところでDr.ヴェルセルクが場外から問題塩。
その後リングにレッドボックスを持ち込んだDr.ヴェルセルクが暴れ回り、結果はジミーズの反則勝ち。





Dr.ヴェルセルクは正体を明らかにしないまま退場。
結局誰だったんだろう…?




【第4試合:6人タッグマッチ】
CIMA&ドラゴン・キッド&Eita vs 望月成晃&Kzy&ヨースケ♡サンタマリア

2.12博多スターレーンで行われるツインゲート前哨戦となったカード。
結果はCIMAがクロスファイヤーでマリアから勝利。





【第5試合:スペシャル8人タッグマッチ】
土井成樹&Ben-K&未定&未定
vs
鷹木信悟&T-Hawk&サイバー・コング&エル・リンダマン

ヴェルセルク入場後、土井ちゃんとBen-Kの2人だけが入場。
それを見たT-Hawkは
「吉野はサイバーに潰され、Kotokaに至っては自爆ってか?
 笑わせるな。
 オレらヴェルセルクはオマエら2人で倒せるほど甘くねえぞ。」(T-Hawk)

「オレは吉野のこと、キライキライって言ってもちょっとは心配してんねんぞ。
 そこでや、オレは昨日吉野に電話したぞ。
 アイツはこう言ったぞ、オレの一番嫌いなヤツの言葉やけど、
 オレも見えないところで動いてるからなぁって。
 オレとBen-Kは2人でもやる気十分やけどな、
 もしパートナーが居てるんやったら出てきてくれや!」(土井)

するとリングに登場したのはもっちー、さらにCIMAも登場!




「確かに昨日吉野から電話かかってきたよ。
 オレと望月さんで、何かあったら土井ちゃんとBen-Kを助けてやってくれと。
 オレがドラゴンゲートで言う事を聞くのは社長と吉野だけや。
 土井は吉野のことキライやけど、オレは吉野のこと大好きなんや。
 吉野はこうも言った。
 もし、CIMAと望月さんよりふさわしいヤツがいるんだったら
 そいつら自由に使ってもらっていいって言ってたよ。
 御大、今日オレらよりここに入るべき2人が居るんじゃないですか?」(CIMA)



「オレも昨日未明に電話はなかったけどLINEはあった。
 こういう時こそ、CIMA望月が行ってもいいけど、
 あんな試合見ちゃったらあの2人に行かせてやりたいよな?」(望月)
ということで山村とビッグがリングに呼び込まれて、セミファイナルの8人タッグマッチ開始。




試合終盤、リンダがタイガースープレックスの体勢に山村を捕らえるが山村はロープを掴んで耐える。
そこにDr.ヴェルセルクが試合に介入すると、山村にボックス攻撃。
Dr.ヴェルセルクはマスクを脱ぐと正体はパンチ富永!





パンチが山村にPTキックを決めると、最後は改めてリンダがタイガースープレックスを決めて山村から勝利。




試合後リンダに続き、ヴェルセルクに加入したパンチがマイク。
「見ての通り、このパンチ富永がヴェルセルクに戻ってきたぞ!
 パンチは間違ってない。
 このままオーバージェネレーションに居たら、何もせずに時間が過ぎるだけだ。」(リンダ)
「オイ、オーバージェネレーション!
 オマエらさんざんオレに期待してたかもしれないけどな、
 オレがオマエらの期待に応えるわけねえだろ。

 大体よ、オレみたいな超一流レスラーに三流レスラーのGammaなんて付けやがってよ。
 オレはアイツが大嫌いなんじゃ!
 これからはオレの全人生を賭けて、オマエらに復讐してやるからな!
 覚悟しとけよ!」(パンチ)

ヴェルセルクが襲いかかるがBen-Kは問題龍にスピアー!

「Ben-K!
 そんな元気があるんだったら、この試合でもっと暴れた方が良かったんじゃねえか?
 それとオーバージェネレーション!
 最初は8人の大所帯だったけどな、今やポンコツのGammaが故障、ヒョロヒョロの石田はサイバーさんの攻撃で首が言うこと聞かないらしいじゃないか。
 残ったのはCIMA、ちびっ子2人(キッドとEita)、そしてもう1人のヒョロヒョロのボク(山村)だ。
 今の戦力じゃ話にならない。
 オマエらの好きなゴングキッズでもやって新しいメンバー決めたほうがいいんじゃねえのか?」(リンダ)




Eitaがたまらずマイク。
「言いたい放題言ってくれてるけど、パンチはオーバージェネレーションでなんの結果も残せなかったし、ただ逃げただけなんじゃねえのか?
 大体リンダマンよ、オマエの方がチビなんだよ!」(Eita)





続いてCIMA。
「頭きたぞ。
 まずサイバー。
 年末の福岡でオマエに頭叩き割られて、まだ頭の傷がうずいとるんじゃ。
 1月の後楽園ホールでススムさんの頭をカチ割ったな。
 それだけじゃなく、石田、吉野、この2人の首も潰したな。
 1ヶ月で4人も負傷者出す、これは確信犯じゃないんか。
 このリングで起こることは恨みっこなしや。
 いつでも怪我する覚悟は出来てる。
 恨んでる訳ではない、でも1ヶ月で4人は異常事態やぞ。
 もう一回言うぞ、久しぶりに頭にきてるからよ、大暴れしてオマエ潰す気でいくからな。
 オマエにその覚悟があるのか、次はこっちが好き放題やって試してやろうやないか。
 サイバーだけじゃないぞ、リンダ、パンチもや。」(CIMA)




そして、CIMAはヴェルセルクに対して全面対抗戦を要求。

「オマエらに行き場が無いって言うなら、オレ達ヴェルセルクが面倒見てやってもいいんだぞ。
 特に山村。
 オマエは若いし未来もある。
 今日の前座ではまぁまぁ良い試合してたな。
 オレの付き人になって勉強させてやってもいいんだぞ!」(信悟)

信悟に対して試合で出血した山村が強烈なマイク!
「オイ鷹木。
 一番ドラゴンゲートで女々しいオマエが居るユニットに入るわけねえじゃねえか。
 頭おかしいんじゃねえのか?
 おかしいのは髪型だけにしろ。
 やってやるよ!
 そしてリンダマンとパンチ。
 オマエらはハナクソ以下じゃ。
 ヴェルセルクこそ抜けたいメンバー居るんじゃねえのか?」(山村)


ちなみに山村は無限大放送の解説席に居たもっちーの選ぶ今大会MVPでした。
試合もマイクもこれまでの鬱憤を晴らしてくれるような活躍ぶりで、今大会をきっかけに一皮むけそうな印象を受けました。





「なかなかええマイクするやないか。

 確かにこの髪型はおかしい。
 腹は決まった。
 ヴェルセルクと全面対抗戦、オマエら受けて立てるのか?」(CIMA)



「こちらヴェルセルクは5人。
 オマエらは4人しか居ねえじゃねえか!」(T-Hawk)

すると出てきたのは土井ちゃん!

「待て待て。
 ハナシ聞いててんけどな。
 ヴェルセルクが5人でオーバーが4人?
 これオレが入らなあかん展開やんけ。」(土井)




ということで土井ちゃんがオーバージェネレーションの助っ人に名乗りをあげる。



「どうしてもその5対5受けて欲しいんだったら、何かリスクを背負え。
 それなら受けてやるぞ。」(信悟)

「さっき付き人がどうこう言ってたな。
 こっちが負けたらオーバージェネレーションから1人オマエの付き人になってやるわ。
 その代わり、山村が言ったように、オレ達が勝った時はヴェルセルクから1人好きなメンバーを引き抜かせてもらう。
 勝者チームが敗者チームのメンバーを1人引き抜くヘッドハンティングマッチでどうや!」(CIMA)





八木さんが次回後楽園ホールにて、ヴェルセルク(信悟&リンダ&T&サイバー&パンチ)対オーバージェネレーション(CIMA&Eita&キッド&山村)+土井ちゃんのヘッドハンティングマッチ決定!
オーバージェネレーション退場後、ヴェルセルクはパンチを入れて写真撮影。



「3.8 後楽園ホール大会 決定分対戦カード情報」(ドラゴンゲート)
■03月08日(木) 18:30試合開始
東京・後楽園ホール

★決定分対戦カード
【OVER GENERATION vs ヴェルセルク ヘッドハンティングマッチ】
CIMA
ドラゴン・キッド
Eita
山村武寛
土井成樹
vs
鷹木信悟
T-Hawk
サイバー・コング
エル・リンダマン
パンチ富永

※勝者チームは敗戦ユニットのメンバーを1名自軍へ引き抜くことが出来る。









【第6試合:オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合】
《王者》YAMATO vs 《挑戦者》B×Bハルク

試合はハルクが20分過ぎに出した断崖式EVOから一気に動き出す。YAMATOが雪崩式投げっぱなしジャーマンを出せば、ハルクもファーストフラッシュを返す。
最後はYAMATOがgo 2 HospitalⅠからファイヤーマンズキャリー版ギャラリア→正調ギャラリアに繋いで3カウント。
YAMATOがドリームゲート王座防衛に成功。



試合後YAMATOがハルクの戦いぶりを称えて握手。




ハルクもYAMATOとガッシリハグしたところでヴェルセルクが乱入。
サイバーはYAMATOにパイナップルボンバー。



 
「YAMATO、こんなヌルいドリームゲート戦は初めて見たぞ。
 こんなヌルくてええんか!
 見ての通り、オレはブレーキの壊れたダンプカーや。
 次の挑戦者はこのオレ、サイバーコングで決まりじゃ!」(サイバー)




「3.4 & 3.5 CHAMPION GATE 2017 in Osaka 追加決定対戦カード情報」(ドラゴンゲート)
■03月04日(土)&03月05日(日)
エディオンアリーナ大阪・第2競技場
- CHAMPION GATE 2017 in OSAKA -

※追加決定カード
【オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合】
《王者》
YAMATO
vs
《挑戦者》
サイバー・コング





「次のドリームゲート挑戦者はサイバーさんに決定だ!
 もっと歓迎しろ!
 文句あんのか?
 文句あんならかかってこいよ!
 来月の後楽園ホールではオーバージェネレーションに徹底的に復讐してやるから覚悟しとけ!」(パンチ)


帰れコールの中、ヴェルセルク退場。


「アイツのドリームゲート戦の方がヌルヌルでしたよね!
 ブレーキの壊れた?
 最初からブレーキないだけじゃねえか!
 YAMATO、言ってやってくれよ!」(Kzy)

「とりあえず終わったばっかだからさ…。
 次のことはとりあえず置いておこうぜ。
 まぁやられた分はやり返します。」(YAMATO)

その後YAMATOは改めてハルクと握手すると、

「次の挑戦者、サイバーコングですか?
 皆さんの言いたい事は分かるけど、サイバーコングもオレらと同じ時代を生きてきた人間です。
 オレはがっぷり四つで必ずドリームゲートのベルト防衛します。」(YAMATO)

最後はYAMATOが次回後楽園にフラミータが帰ってくることに触れた後、
「今日のオレも、いや今日のオレも、今日のハルクも最高にカッコよかっただろ?」(YAMATO)
で締め。
















ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...