ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

Ben-Kがトライアングルゲート挑戦へ~12.3 12.4 北海道・札幌ススキノマルスジム 2連戦~

この週末、ドラゴンゲートは札幌2連戦。

試合結果はいずれもドラゴンゲート公式サイトから。
「12.03 北海道・札幌ススキノマルスジム」(ドラゴンゲート)
「12.04 北海道・札幌ススキノマルスジム」(ドラゴンゲート)



第1日目のメインイベントは、トライアングルゲートを持っているマライサにススムが加わったジミーズ対ヴェルセルクの6人タッグマッチ。
T-Hawk&サイバー・コング&エル・リンダマン vs 堀口元気H.A.Gee.Mee!!&堀口元気H.A.Gee.Mee!!&ジミー・ススム&斎藤“ジミー"了

○T-Hawk(18分29秒、ナイトライドからエビ固め)堀口元気H.A.Gee.Mee!!×

結果は北海道凱旋のT-Hawkが元気から勝利。
試合後、ヴェルセルクはサイバー&リンダ&問題龍の3人でトライアングルゲート挑戦表明。
そこへ吉野が登場すると、週モバツイートにあるようにKotokaともう1人のパートナーと共にトライアングルゲート挑戦表明。



そして2日目。
第3試合でBen-Kと組んだ吉野は、トライアングルゲートに挑戦するパートナーを今年デビューした新人のうち、Ben-K、ヒョウ、シュン・スカイウォーカーの3人から選ぶこと、そして今から行う3wayマッチでの勝者をパートナーとすることを発表。

緊急決定試合 3WAYマッチ時間無制限1本勝負
Ben-K vs シュン・スカイウォーカー vs ワタナベヒョウ

○Ben-K(3分35秒、Ben-Kボムからエビ固め)ワタナベヒョウ×

急遽決定したトライアングルゲートの出場権を賭けた新人3人による3wayマッチの結果はBen-Kが勝利!
これで福岡国際センターのトライアングルゲート戦はジミーズ対ヴェルセルク対吉野率いる無所属の3wayマッチで行われることが決定。


「“THE FINAL GATE 2016” 12.25 福岡国際センター大会 追加決定対戦カード情報」(ドラゴンゲート)

★追加決定カード
【オープン・ザ・トライアングルゲート選手権・6人タッグ3WAYマッチ】
《王者組》
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
斎藤”ジミー”了
ジミー・神田
vs
《挑戦者組》
吉野正人
Kotoka
Ben-K
vs
《挑戦者組》
サイバー・コング
問題龍
エル・リンダマン





「札幌2日目」(吉野正人オフィシャルブログ 「スピードスターの全力疾走」)


(略)

Ben-K!トライアングル獲るぞ!!





ヴェルセルクは思い切ったメンバー構成にしましたね。
リンダ抜擢は妥当としても、問題さんがタイトルマッチのメンバーに入るとは…(汗)
ということは、谷やんは福岡国際も参戦しないってことなんですかね。
また、Ben-KやKotokaもタイトルマッチに出場して、ハルクやススムといった常連組がベルトの賭けられた試合に出場しないというのも、これまでにはあまり見られなかった展開なので、抜擢されたメンバーがどんな試合を見せてくれるのか楽しみではあります。




そして2015年にテイセンホールが閉鎖された後、札幌大会の会場となったマルスジム。
今回の2連戦は立ち見でも対応しきれないほどのお客さんが来たということで、来年からは札幌3連戦を検討しているようです。
今年の5月にはウイング札幌大谷地校でも札幌大会を開催していましたが、ちょうどいい大きさの会場ってないものですかねぇ。
きたえーるは大き過ぎるか…。
「ファンの皆様へ」(ドラゴンゲート)


12月03日、04日に開催致しました札幌ススキノマルスジム大会へ多くの皆様にご来場を賜り、誠にありがとうございました。

会場の入場定員をはるかに上回るお客様のご来場に、会場側からの要請にて入場制限がかかり、ご来場の皆様が入場定員に達した時点でやむを得ず立見券の販売を打ち切りとさせていただきました。
これに伴い、多くの皆様がご入場いただけませんでしたことをこの場をお借りしてお詫び致します。
これを踏まえ、2017年に開催の札幌大会は従来の2連戦から3連戦で実施することを検討させていただいております。

ご来場、ご観戦をいただきました皆様に厚く御礼を申し上げるとともに、今後とも変わらぬご声援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


株式会社ドラゴンゲート





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...