ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ドラゲー11.3エディオンアリーナ大阪・第1競技場 THE GATE OF DESTINY 2016 ※11/8メイン追記あり

※11/8
メインの試合及び戸澤卒業式の詳細をアップしました。



【第1試合:6人タッグマッチ】
パンチ富永&山村武寛&石田凱士 vs 中村風太&ワタナベシュン&ワタナベヒョウ

シュンがムーンサルトプレスでパンチから勝利。



【第2試合:タッグマッチ】
Kzy&ヨースケ・サンタマリア vs “ハリウッド”ストーカー市川&しゃちほこBOY

KzyがKZTIMEでいっちゃんから勝利。



【第3試合:タッグマッチ】
ドン・フジイ&Gamma vs 問題龍&エル・リンダマン

リンダがロコモーション式タイガースープレックスでGammaから勝利。



【第4試合:オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合】
《王者》Eita vs 《挑戦者》フラミータ

Eitaはフラミータのフラムフライやファイヤーバードをカウント2で返す。
フラミータは再度フラムフライを決めたが、すかさずEitaはヌメロウノに切り返す!
フラミータは耐えきれずギブアップ!

Eitaがブレイブゲート王座防衛に成功。



【第5試合:オープン・ザ・トライアングルゲート選手権・6人タッグ3WAYマッチ】
《王者組》
堀口元気H.A.Gee.Mee!!&斎藤“ジミー”了&ジミー・神田
vs
《挑戦者組》
望月成晃&ビッグR清水&ピーター・カッサ
vs
《挑戦者組》
T-Hawk&〝brother”YASSHI&サイバー・コング

T-Hawkがノルテでビッグから3カウント!
望月組敗退。

ヴェルセルクとジミーズが残り、試合も終盤に差し掛かったところで、問題龍がエプロンに上がりボックス攻撃を試みる。
そこに乱入してきたのがKotoka!
Kotokaは問題龍を排除するが、ヴェルセルクセコンドに追いかけられてバックステージへ逃げる。
リング内では元気が攻め込まれるが、サイバーにバックスライドフロムヘブンを決めて3カウント!

ジミーズがトライアングル王座防衛に成功!




【第6試合:オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合】
《王者組》ジミー・ススム&ジミー・カゲトラ vs 《挑戦者組》CIMA&ドラゴン・キッド

試合終盤は両チームとも一進一退。
どちらが勝ってもおかしくない試合ながら、最後はキッドがウルトラ・ウラカン・ラナでススムから勝利!

CK-1がツインゲート王座を奪取!



【第7試合:Team Tozawa Akira Final・スペシャル6人タッグマッチ】
戸澤陽&土井成樹&吉野正人 vs YAMATO&鷹木信悟&B×Bハルク

入場後、戸澤は最後のY字バランス。



最初に出てきたのはYAMATOと土井ちゃん。
続けてハルクと吉野。
ハルクは吉野にミサイルキックを決めるが、チームメイトであるはずの信悟がハルクを突き飛ばしてリングイン。
それに対して戸澤も入り両者向かい合う。





信悟はショルダータックルで戸澤を倒すが、戸澤もバイシクルキックで信悟を場外に落とすと飛ぶと見せかけてフェイント。
YAMATOがリングイン。
チーム戸澤はYAMATOの腕に3人が攻撃を加える。
土井ちゃんはYAMATOにターンバックルで一撃。
さらに土井吉の連携!






戸澤とYAMATOがエルボー合戦。
YAMATOは戸澤にドロップキックを決めてハルクにタッチするが、信悟はハルクを突き飛ばして自らリングイン。
信悟は吉野と戸澤にダブルラリアット。




信悟からタッチを受けたハルクがリングイン。
キックから逆片エビ固めも戸澤ロープブレイク。
戸澤はハルクをコーナーに追い詰めるとチョップ連打からグーパンチ。




YAMATOと信悟にもパンチを決めるが、信悟は戸澤にショートレンジラリアットを決めて場外戦へ。
場外で信悟はエプロンにイスをセットして、戸澤を顔から落とす。


信悟がリングに戸澤を戻すと、YAMATOとハルクが連携攻撃。
ハルクが戸澤を倒すと、信悟がハルクを押しのけてフォールに入る。
それをカットしたのは一応チームメイトのハルクとYAMATO。



信悟は戸澤にガロンスローも土井ちゃんがカット。
戸澤はエプロンからトザワも信悟は足で迎撃。
しかし戸澤はバックドロップを決めて土井ちゃんにタッチ。





土井ちゃんはYAMATOとハルクを同士討ちさせると、YAMATOにネックブリーカードロップ。
さらに戸澤が信悟にバイシクルキックを決めて場外に落とすと、吉野のムーンサルトに続けて戸澤がミッションインポッシブル!





リングに信悟が戻されると、土井ちゃんと打撃合戦。
土井ちゃんがライダーキックを決めたが、信悟はエクスプロイダーで投げる。
さらにコーナーからのエルボーを狙う信悟だったが、吉野がカットに入ると土井ちゃんとパワーボム+スリングブレイドの合体技。





YAMATOが吉野にエクスプロイダーを決めると、両者チョップ合戦。
戸澤、宣言付きのブレーンバスター3連発はいずれもハルクによって阻止される。
YAMATOとハルクが連携技を見せるが、それをかき消すように土井吉がコンビネーションを見せつける。




ハルクをコーナーに振ると、チーム戸澤がトレイン攻撃。
さらに戸澤のダイビングセントーンから吉野がミサイルセントーン。




信悟が吉野にシットダウン式のパワーボム。
YAMATOが土井ちゃんにギャラリアを狙うが、土井ちゃんはタイツをずり下げて回避。





ハルクが土井ちゃんを羽交い絞めにするが、信悟のパンピングボンバーが誤爆。
ならばとYAMATOがgo 2 HospitalⅡを狙ったが、今度は信悟に誤爆。
土井ちゃんが信悟をコーナーに上げると、戸澤が駆け上がり雪崩式ブレーン!バスター!





信悟に対して吉野がトルベジーノ、土井ちゃんがバカタレ、戸澤がデッドリフトジャーマンもカウント2でカットされる。
戸澤はパッケージを狙ったが、信悟がロープを掴んで回避すると、今度は逆に戸澤に対してハルクがマウス、YAMATOがgo 2 Hospital Ⅱ、ハルクが旋回式EVOを決めるがこれもカウント2で吉野カット。
YAMATOの変型ギャラリアもカウント2で戸澤がキックアウト。









信悟が串刺しパンピングからSTAY DREAM!
土井ちゃんがカットに入ると、ここから6者入り乱れる攻防が展開される。
戸澤が信悟に高速ジャーマンを決めるがカウント2。





信悟が強烈なパンピングボンバーを叩き込むと戸澤一回転。
さらに信悟はMADE IN JAPANからラストファルコンリー!
土井吉がカットに入るが、信悟は再度パンピングボンバーを叩き込む。
さらにハルクがファーストフラッシュを決めると、最後はYAMATOがギャラリアで3カウント。
戸澤のドラゴンゲート最終戦は黒星。














試合後、信悟がマイクを持つ。
「最後は残念な終わりだったな!
 いくら綺麗事を並べても、リングの上は弱肉強食。
 潰し合いの世界だ!
 それでも、こんなクソみたいな試合に巻き込まれるハメになったけどな、
 オレは最後の最後オマエと試合が出来て良かったと思ってるよ。
 別に死ぬわけじゃないんだからよ、辛気臭い別れは止めようぜ。
 オレ達13年間、色々あったよな。
 また次会った時は、笑い話で盛り上がればいいじゃねえか。
 そうだろ?
 10年以上、長い間世話になった。
 戸澤!元気でな。」(信悟)





戸澤に手を差し出す信悟。




戸澤がそれを受けた瞬間、信悟はパンピングを叩き込む!





その後、信悟に呼び込まれたヴェルセルクがリングを占拠。
戸澤を凹るが、そこにドラゴンゲート全選手がリングに登場しヴェルセルクを追い出す。



信悟は帰り際に捨て台詞を吐いてヴェルセルクメンバーと共に退場。


リング上からYAMATOが信悟に対してマイク。
「鷹木信悟!
 オマエも素直じゃねえな。
 寂しいならハッキリ寂しいと言え!
 バカヤロー!」(YAMATO)






その後YAMATOの申し出により、戸澤の卒業式が行われ1人ずつ別れの言葉を述べていく。


「今までありがとうございました!」(YAMATO)



「同期の戸澤君!
 戸澤陽、最高だよ!
 そしてオレはやっぱり鷹木信悟が大嫌いだ!」(ハルク)




「まず、オマエら、何暗い顔してんねん!
 葬式ちゃうぞ!
 戸澤旅立ちの日や!
 明るく行こうやんけ!
 戸澤の卒業マッチで試合に絡めたこと、オレは感無量や!
 戸澤、オマエは夢を夢で終わらせずに、夢を現実にしたんや。
 そんなオマエを、オレはたくましくも、うらやましくも思うし、尊敬もしてる。
 オマエは1人でアメリカに旅立つんやな。
 偶然やけど、オレも今一人ぼっちなんや。
 オレもオマエから刺激もらったからな!
 近々、オレもこのリングで行動に移すぞ。
 ドラゴンゲートは家族って言ったな。
 家族にはたまには連絡しろよ。
 アメリカに行っても大暴走してくれや!
 ありがとう!」(土井)





「戸澤君!
 戸澤君とオレの思い出と言えばモンスターエクスプレスや。
 モンスターで過ごした3年が、オレと戸澤陽の12年の全てや。
 挨拶くらいしか会話のなかったオレ達が、
 同じユニットになって先輩後輩はあっても仲良くなれたんや。
 これからもずっと仲良く友達で居ような。
 ありがとう!」(吉野)





「戸澤さん!
 戸澤さんとはモンスターエクスプレスで半年くらいしか一緒に戦えなかったけど
 いっぱいアドバイスもらって、これからボクはドラゴンゲートの頂点目指して頑張っていきます。
 そして次に戦う時は、勝つのはこのオレ!
 ビッグ!R!清水だ!
 ありがとうございました!」(ビッグ)





「戸澤サン、ガンバッテアメリカ。」(フラミータ)






「サヨナラ。」(マリア)

マリアは熱い接吻付き。






カッサは英語で。






「戸澤さんにはリング内外色々勉強なりました。
 お世話になりました。
 アメリカ行っても頑張ってください。」(パンチ)






「約1年半の短い間でしたがお世話になりました。
 デビューする前、戸澤コーチの練習が一番きつくて10キロマラソンとかキライでしたけど
 おかげで少しずつ体力が付いてきたと思います。
 これからも練習怠らずに一生懸命頑張ります。
 今まで本当にありがとうございました。」(風太)






「元気で面白い戸澤さんが本当に大好きでした。
 アメリカでの活躍期待しています。
 ありがとうございました!」(シュン)






「自分も戸澤さんと1年半しか関わることが出来ませんでしたが
 色々学ばせていただきました。
 自分も戸澤さんのおかげでランニングが出来るようになりました。
 今までありがとうございました!」(ヒョウ)






「ヴェー!」(Kotoka)

Kotokaは一言だけでそのままリングを去る。






「自分は戸澤さんとチームも違って、そんなに話すことはなかったんですけど
 道場の合同練習でお世話になりました。
 まだまだ未熟ですけど、戸澤さんのような一流のプロレスラーになれるように頑張りますので
 戸澤さんもアメリカに行っても頑張ってください。
 ありがとうございました!」(山村)






「自分で掴み取った夢をまだまだアメリカで追いかけて行って下さい。
 オマエなら出来る!
 頑張ってください。」(カゲトラ)





「戸澤!
 オレはまだオマエに勝ってねえんだよ!
 でも、本当にお世話になりました!
 ありがとうございました!」(Eita)







「アナタに散々投げられたオレだけど、向こうでも思いっきりブン投げて下さいよ。
 アナタはやれると思ってますから。
 アナタとブレイブゲートを戦えてボクは嬉しかったです。
 アナタの元気印はボクが受け継ぎますんで!
 皆をハッピーにするように頑張りますから、アナタも向こうで明るく頑張ってください。
 ありがとうございました!」(Kzy)







「1人でアメリカ行くことになるけど、オレ達もお客さんもオマエの後ろに居るから。
 思いっきりやってきてください。
 ありがとうございました!」(市川)






「モンスターで一緒にやってきた3年間、たくさん弄ってくれてありがとう!
 でも本当に楽しかった!
 これからもアメリカ行って夢をあきらめないで頑張ってください!
 ありがとう!」(しゃち)





「ボクはデビューした頃は知らないけど、いつも若手で戸澤君ばっかりが怒られてるのを見て
 この子よく辞めないな、っていつも思ってました。
 これからアメリカに行ってからの活躍期待しています。
 戸澤君なら絶対やってくれると思います。
 大きくなってください!
 もっともっとビッグになってください!
 ビッグにならなかったら、戸澤!
 蹴り殺すぞ、コラ!」(Gamma)





「自分がドラゴンゲートに入門してから約3年間。
 私生活でも試合でも本当にお世話になりました。
 ありがとうございました!」(石田)






「行くからには世界一の日本人レスラー、世界一の戸澤陽になって来いよ。
 行ってらっしゃい。」(クネス)





「さっきGammaさんが言ってたけど、めっちゃ怒ってたのオレやね。
 めっちゃ殴ってたよね。
 ちゃんと謝ってなかった。
 ゴメンね!
 向こう行っても頑張って!」(神田)






「オレの回りには、なぜかオマエのこと好きな人が多いから寂しくなるけど
 オマエはアメリカで精一杯頑張って来いよ。
 オレはこのドラゴンゲートでオマエが付けてくれたジミーって言う名前を背負って頑張るからな。
 頑張って!
 また後メールかLINEします。」(ススム)






「戸澤の明るさは世界でも全然通用すると思います。
 ススムさんも言った、土井も言った、たまには連絡ください。
 オレ未だにガラケーだから、LINEとかないんで、k.vodafoneのアドレスにメール下さい。」(斎了)






涙を抑えきれない元気。
「ダメだ、オレもう…。
 夢と希望を持ってオマエはアメリカに行くけど、こんな事言うのは失礼かもしれないけど
 苛められたり、辛かったら帰ってきていいんだよ。
 みんな待ってるから。
 今までどうもありがとう。」(元気)







「戸澤との思い出はたくさんあるけど、
 今までドラゴンゲートで体張ってたくさん盛り上げてくれてありがとうございました。
 次はアメリカで自分の夢のために頑張って下さい。
 今までありがとうございました!」(キッド)





「12年間お疲れ様でした。
 オマエの抜けた穴は非常に大きいとは思うけど、
 オマエの抜けた穴はここに居る全員で意地でも埋めてみせるから。
 もし、オマエが日本に帰ってくることがあっても、
 ドラゴンゲートにオマエの居場所はないかもしれないからな。
 それくらいの覚悟をもって、オマエも向こうで成功して来い。
 頑張れよ。」(もっちー)





「とっちゃん。
 さっき神田君が言ってたけど、よく怒ってた人、オレもよく怒ってたね。
 謝ります、ごめんなさい。
 ここまで大きくなるとは思わなかった。
 本当にオレも嬉しい。
 笑顔でサヨナラや。
 また会う日まで。」(フジイ)






「今、フジイさんも神田君も謝ったけど、オレもオマエに言っておかないとあかんことがある。
 一番最初にDGUSAに戸澤も連れて行こうとなって、
 みんなでアメリカまで遠征しようとなった時、
 オマエは皆と一緒で1週間分の荷物しか持って行ってなかったよな。
 でも、オレらは1週間で日本に帰ったけど、オマエのチケットはオマエの知らん間に半年後になってたな。
 あれはオレが電波少年の再放送を見て、
 『これ面白いな、戸澤にやってみたらどうなるかな?』っていう軽い気持ちから始めたんや。
 でも人生何があるか分からない!
 これがきっかけでこういうことになったんや。
 オレは謝らない、逆にオマエに感謝してもらいたい。
 そういう気持ちで一杯です。
 戸澤陽は夢に向かって自分の足で渡米します。
 オレの夢はドラゴンゲートで、今日会場に来てくれてる小中学生がドラゴンゲートの門を叩いて
 CIMAというレスラーと、大阪のお客さんの前で試合をしたい。
 オレはある時から、このドラゴンゲートを永久に発展させることを誓ったんや。
 お互いの夢を掴み合おうぜ、アキラ。
 頑張れよ!」(CIMA)







CIMAは社長にも一言を促す。
「寂しなるの。
 オマエにとって、ドラゴンゲートは家族や、家や。
 でもオマエにとっての根っこでもあるんや。
 世界最高峰のドラゴンゲートのプロレス、アメリカ、いや世界に広めて来い。
 オマエやったら出来る!
 楽しかったぞ!」(社長)









「あっという間にこの時が来てしまいました。
 ボクら全選手とお客さん全員、本当は戸澤さんに行って欲しくない。
 寂しいから。
 行かないで。
 オレ達はファミリー、誰よりも同じ時間を共有した。
 だけど、戸澤さんにはアメリカにも戸澤さんのことを待ちに待ってるファミリーが居るんですよね。
 オレ達は何も心配する必要もない。
 このプロレス界に居ればいつかどこかで巡りあうでしょう。
 その時は今と変わらず、あーだこーだバカ話しましょう。
 今まで本当にお疲れ様でした!」(YAMATO)






そして戸澤がドラゴンゲート最後のマイク。
「皆さん一人ひとりのメッセージ本当にありがとうございます!
 後輩達、情けない先輩だったけど、何を後輩達に残せたか分からへんけど
 戸澤陽というちょっとおもろい先輩がおったことは忘れんとってくれ。
 先輩の方達、こんなアホなクソガキを懲りずに今まで指導してくださってありがとうございました!
 そしてファンの皆さん!
 ボクはこのドラゴンゲートに何を残せたか分からないです。
 でも戸澤陽という男が居たことは忘れないで下さい!
 最後に!
 ドラゴンゲートファンの皆さん!
 戸澤陽12年間、本当にお世話になりました。
 そして会場にご来場いただきましたたくさんのお客さん、今日は本当にありがとうございました!」(戸澤)






その後全選手からの胴上げを受け、お約束的にマットに落とされる。
最後は(ヴェルセルク以外の)全選手揃って写真撮影。






セミファイナルまでは快適にニコ生視聴出来たのですが、メインになった途端にWiFiの通信速度が激減してしまいマトモに見る事は出来ませんでした…(汗)
800kbpsくらい出てたのが、一気に60kbpsまで落ち込んだ…。
残念!
メインに関しては、帰国してから追記します。

戸澤アメリカでも頑張れ!




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...