ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

土井吉対決は吉野が制す、そして新外国人ピーター・カッサ鮮烈デビュー!~6.2 東京・後楽園ホール~

【第1試合:6人タッグマッチ】
戸澤陽&ビッグR清水&しゃちほこBOY vs 望月成晃&ジミー・神田&ジミー・クネスJ.K.S.

高速ジャーマンスープレックスで戸澤がクネスから勝利。



第2試合前にOGメンバーが登場しMC。
新外国人のピーターカッサはぎりぎり来日間に合いましたとのこと。



【第2試合:タッグマッチ】
パンチ富永&エル・リンダマン vs 問題龍&Kotoka

パンチのロケットパンチからリンダがロコモーション式タイガースープレックスを問題龍に決めて勝利。


試合後CIMAがリンダに対し、ラブコールを送っていたフジイさんを何か違うという理由で断ったが、一体リンダは誰に付きたいのかを問う。
リンダは現在KOG開催中のため、新しいことを発表してもKOGの邪魔になるし、自分としてもオイシクない。
そのため、発表はまた後日ということで。




【第3試合:KING OF GATE 2016 Cブロック公式戦】
T-Hawk vs ドラゴン・キッド

T-Hawkがナイトライドで勝利。

キッドは全日程を終了し勝ち点6。
現在勝ち点5のもっちーがKotoka戦を残しているため、ちょっと厳しくなったかな?
T-Hawkは残り試合を全勝することで自力での決勝T進出が決定します。




Cブロック
T-Hawk斎了望月キッドサイバーKotoka勝ち点
T-Hawk×6.5
岡山
6.8
長崎
4
斎藤”ジミー”了××6.10
小倉
3
望月成晃×6.5
岡山
5
ドラゴン・キッド××6
サイバー・コング××6.4
神戸
2
Kotoka×0








【第4試合:KING OF GATE 2016 Aブロック公式戦】
ドン・フジイ vs YAMATO

フジイさんが外道クラッチでYAMATOから勝利!

試合後、フジイさんはYAMATOの握手の求めに応じ…ない。




YAMATOは勝ち点4で残り1試合を残すのみ。
最大でも勝ち点は6までしか伸ばせないため、信悟orKzyが勝ち点2を取った時点で脱落決定。
KOG制覇に向けて赤信号点滅?



Aブロック
信悟YAMATOフジイ神田Kzyパンチ勝ち点
鷹木信悟×6.4
神戸
5
YAMATO××6.8
長崎
4
ドン・フジイ××5
ジミー神田×6.10
小倉
3
Kzy×5
パンチ富永××2








【第5試合:ピーター・カッサ日本デビュー戦】
CIMA&Gamma&ピーター・カッサ vs 堀口元気H.A.Gee.Mee!!&斎藤“ジミー”了&ジミー・カゲトラ

カッサは飛び技、投げ技でジミーズを圧倒すると、最後は元気に対して重量感のある630°で勝利!
※フィニッシュ名は『カッサ・トルネード』

いやーこれは逸材ですよ、CIMAが日本に呼んだ理由も1試合だけで十分伝わったなぁ。





【第6試合:KING OF GATE 2016 Bブロック公式戦】
Eita vs ジミー・ススム

Eitaはジャンボの勝ち!固めを切り返すとNUMERO UNO!
腕と同時に足も捕らえるとススムは逃げ切れずにギブアップ!
Eitaがススムから勝利!
※フィニッシュ名は『アポカリシス』




ススムは痛い2敗目。
逆にEitaは残り2試合残して勝ち点5と決勝T進出に向けて大きく前進。
しかしCIMA、ススム、戸澤戦を2勝1分で乗り切るとは素晴らしい活躍を見せてますねぇ。





Bブロック
CIMAススム戸澤Eitaマリア問題龍勝ち点
CIMA6.4
神戸
×6.5
岡山
4
ススム××4
戸澤×6.8
長崎
5
Eita6.8
長崎
6.10
小倉
5
マリア×××2
問題龍××0








【第7試合:6人タッグマッチ】
B×Bハルク&Kzy&ヨースケ♡サンタマリア vs 鷹木信悟&谷嵜なおき&“brother”YASSHI

ブラザーが急所攻撃からのラ・マヒストラルでKzyから勝利。

試合後、観客を煽るブラザー。








【第8試合:KING OF GATE 2016 Dブロック公式戦】
吉野正人 vs 土井成樹

土井ちゃんの奇襲からスタート。
場外に落とされた吉野に襲いかかるヴェルセルクメンバー。
土井ちゃんは場外で吉野を鉄柱に叩きつける。

リング上で土井ちゃんはスパナを持ち込み吉野の額に打ちつける。
さらにテーピングをしている吉野の右ヒザを攻めていくと、ターンバックルを取り外し金具剥き出しのコーナーにホイップ。



吉野が反撃を試みるが、セコンドのKotokaが介入。
土井ちゃんはすかさず足4の字固めで吉野のヒザを締めあげる。

吉野はチョップで反撃。
場外に逃げた土井ちゃんに対してコーナートップからムーンサルトアタックを決めると、リング内ではコウモリ。
高角度ミサイルキックは土井ちゃんがかわすと逆にハイアングルスパインバスター。

土井ちゃんは大暴走からタイガードライバーを決めるがカウント2。
土井555狙いはロープを掴んで吉野は回避。
続くセントーンアトミコをかわした吉野は高角度ミサイルキック。

トルベジーノをかわした土井ちゃんはバカタレを狙うが、吉野は再度トルベジーノ!
さらにソル・ナシエンテ!
しかし土井ちゃんは技を解くとバカタレ!

マスキュラーを狙う土井ちゃんだが、何とか耐えた吉野はカウンターでバックホーム!
雪崩式ライトニングは土井ちゃんが耐えると、逆にコーナートップから雪崩式タイガースープレックス!
続けて土井555からバカタレ!
カウント2!






ロープに走った吉野に場外からブラザーがレッドボックス!
土井ちゃんが横十字で丸め込むが、吉野も丸め込み返す!
カウント2。
吉野はトルベジーノ!
さらにソル・ナシエンテ!
土井ちゃんは耐えるが、ロープに逃げることは出来ずギブアップ!
吉野が土井吉対決を制す!





3敗目を喫した土井ちゃんはKOG脱落決定!
もうこのブロックは吉野とビッグのどちらか最終戦で勝った方で決まりですかね。
こうなると、バックスライドがある元気戦を残すビッグが不利かなぁ。




Dブロック
吉野土井Gamma元気ビッグリンダ勝ち点
吉野正人×6.4
神戸
6
土井成樹×××6.5
岡山
2
Gamma××6
堀口元気H.A.Gee.Mee!!××6.10
小倉
4
ビッグR清水×6
エル・リンダマン×××0






試合後、吉野に襲いかかるヴェルセルクメンバー。
そこへTRIBE VANGUARDが介入すると、信悟、戸澤、YAMATOで舌戦を展開。
「TRIBE VANGUARD、何しに来たんや。
 関係ないやろ、引っ込んでろ。」(戸澤)
「関係ないだと?
 大アリなんだよ!
 そこにいる吉野が、先月のオレと鷹木信悟の試合後にチャチャ入れてきたのが
 そもそもの原因なんだよ。

 鷹木信悟、土井成樹、そしてヴェルセルク。
 俺を追放した恨みは忘れてないからな!」(YAMATO)





「先月の後楽園は俺に負けて、今日はオッサンのフジイに負けたらしいな!
 情けねえ男だな!
 組んでるのがカスのKzyに、カスのマリア、そして絶不調のB×Bハルクか。
 オマエらなんかいつでも潰してやるぞ!」(信悟)
「どこ見とんねん!
 こいつらは関係ないんや。
 ヴェルセルクとモンスターエクスプレスの戦いやから、オレ達を見てたらええんや。」(戸澤)
「モンスター、オマエらなんか眼中にねえんだよ!
 オレもモンスターに居たからハッキリ言うけどよ、T-HawkやビッグRみたいなデカイヤツが居るのは中々のもんだよ。
 だがな、オマエらがユニットとしていつまでも上に行けない理由分かるよな?
 なぜならド素人のしゃちほこBOYが居るからだ!
 分かってんだろ、戸澤?」(信悟)





「戸澤は黙ってろ。
 鷹木信悟、さっき言った言葉には返す言葉もないけどな、
 先日の札幌大会でKzyにオマエが負けたことも付け加えさせてもらうからな。
 オイ戸澤!
 オレ達は確かに出来たてのユニットだ。
 だから退くことは出来ないんだよ。」(YAMATO)
「オマエら、帰れって言ったのに帰らんのやな。」(戸澤)
「帰らん。」(YAMATO)
「帰れや!」(戸澤)
「帰らん!」(YAMATO)






こうなったら6人タッグ3wayで決着を付けるしかない!
という戸澤の提案に対して、ヴェルセルクは信悟&土井ちゃん&ブラザーで行くことを発表。
TRIBE VANGUARDはYAMATO、ハルク、Kzy。
モンスターは戸澤が吉野を誘い、残る1人は吉野にゲキを飛ばされたしゃち!
「しゃち!
 毎回毎回鷹木信悟にバカにされてよ、ここで動かなかったらいつ動くねん。」(吉野)
「ヴェルセルク、いつもバカにしやがって、オレもやるときはやってやるからな!
 特に鷹木信悟!
 オレはオマエにバカにされるのが一番むかつくんだよ!」(しゃち)





「何言ってるか分かんねえよ。
 オレは煽りで言ってんじゃねえぞ、ガチで言ってんだぞ。
 オイ、お荷物。
 ここで手を上げて辞退したほうが、オマエのため、モンスターのため、
 ドラゴンゲートのためなんだよ。

 お荷物、下がれ!」(信悟)
ここでしゃちの怒りが爆発。
しゃちは信悟に張り手!





「人をバカにすんのもいい加減にしろ!
 6人タッグ3wayやってやろうじゃねえか!」(しゃち)







ここで八木さんが入り、次回後楽園での6人タッグ3wayマッチ正式決定!




「これはあくまでもモンスターエクスプレスとヴェルセルクの問題やからな。
 オマケのオマエら(TRIBE VANGUARD)も潰したるからな!」(戸澤)
「オレらTRIBE VANGUARDは出来たてのユニットだけどな、退くわけにはいかないんだよ。
 ヴェルセルク、モンスターエクスプレス、オレ達の前に立ちふさがるってんなら潰してやるからな!
 覚悟しとけ!」(YAMATO)


ヴェルセルクとTRIBE VANGUARDが退場すると、最後は吉野を中心にモンスターが大会を締め。




次は今週末の神戸サンボーホール大会。
KOG公式戦は4試合。
「対戦カード」(ドラゴンゲート公式サイト)

KING OF GATE 2016 Cブロック公式リーグ戦:
Kotoka vs サイバー・コング

KING OF GATE 2016 Dブロック公式リーグ戦:
吉野正人 vs エル・リンダマン

KING OF GATE 2016 Aブロック公式リーグ戦:
鷹木信悟 vs パンチ富永

KING OF GATE 2016 Bブロック公式リーグ戦:
CIMA vs ジミー・ススム

Aブロックは信悟がパンチに勝った時点でYAMATOの脱落が決定します。
未だ2分2敗で勝ち星無しのパンチは最終戦で初白星、そして大金星なるか!?
またBブロックのススムさんはCIMAに負けると3敗目となり脱落が決定します。
一方CIMAは残り2試合に勝って勝ち点を8にしてEitaの結果待ちとしたいところ。

とりあえず神戸大会は観戦予定なので、当ブログにて速報入れます。
KOG公式戦も楽しみではありますが、今日の後楽園大会を見て生でピーター・カッサを見るのが俄然楽しみになってきました。
ウーハーが卒業して、あんなガイジンレスラーはそうそう出てこないよなぁと思ってましたが、ピーター・カッサのインパクトはまさにウーハー並。
あんな逸材がまだ居たんだなぁ。
世界は広い、そしてCIMAのスカウト能力半端無いって(汗)
















ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...