ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

新ドリームゲートチャンピオンはジミー・ススム~2.14 福岡・博多スターレーン~

昨日は今年初となる博多スターレーン大会。
第2試合では今年に入ってから勢いが止まらないマリアが谷やんから勝利。
チャンピオンゲート1日目にてKotokaの持つブレイブゲート王座挑戦が決定。



吉野のブログに書かれているように、第4試合でT-Hawkとシングルマッチを行ったビッグR清水がモンスターエクスプレス入り。

「博多」(吉野正人オフィシャルブログ 「スピードスターの全力疾走」)

モンスターに清水が入り、Tとツインゲートを狙うらしい!

ガンガンいってもらいたいですね。


T-Hawkとのタッグで狙うはツインゲート。
但し、土井YAMAは前回の大阪大会で新しくツインゲートに挑戦するチームは、土井YAMAがこれまで防衛してきた9つのタッグチームのどれかをクリアすることを要求していたため、次回神戸サンボーホール大会にて土井YAMA7度目の防衛戦の相手だったモチフジとの試合が組まれた。
これに勝てば文句無く大阪チャンピオンゲート2日目にてタイトルマッチ決定ですね。

「2月シリーズ後半戦 対戦カード情報」(ドラゴンゲート)

■02月25日(木)
18:30試合開始
兵庫・神戸サンボーホール

【第4試合:タッグマッチ】
望月成晃&ドン・フジイ vs T-Hawk&ビッグR清水




メインのドリームゲート選手権試合では、YAMATOのパウダー攻撃が信悟に誤爆し、最後はススムさんがジャンボの勝ち!固めで信悟から勝利。
ススムさんは10年ぶりにドリームゲート王座戴冠!
しかし信悟はリマッチを要求。

以下スポーツナビから一部引用。
「ジミーズから初のドリームゲート王者が誕生
 ジミー・ススムが鷹木を破り10年ぶり戴冠」(スポーツナビ)


「敗因はYAMATOの誤爆」と盟友を詰りつつ、敗戦に納得のいかない鷹木はすぐさまリマッチを要求。これに、ここまで散々見下されてきたススムは鷹木に何かしらのリスクを背負うことを条件にリマッチを受諾。

 鷹木は「俺が負けたら、今回の敗因となったYAMATOをヴェルセルクから追放する」と言い放つと、これにYAMATOは激怒。結果、「鷹木が敗れた場合はヴェルセルクから強制離脱」という条件で落ち着いたものの、両者の間には不穏な空気が漂ったのだった。 早速決定したリマッチ。両者は3.6大阪大会で再び雌雄を決する。






結成以来結束力の高かったヴェルセルクに亀裂が入った。
もし大阪のチャンゲで信悟がドリームゲートを取り返したとしても、YAMATOとの関係がギクシャクすることは必至?
ビッグがモンスターエクスプレスに入った事もあり、現無所属メンバーの動向も踏まえて、これからユニットが少し動きそうな流れですね。
いやー、しかしススムさんがドリームゲートを取るとは予想してなかった(汗)
これで大阪でのリマッチは思う存分ススムさん応援出来る!
おめでとうございます!












ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...