ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ドリームゲート戦は乱戦の末ノーコンテスト、そして今年は土井ダーツではなく”戸澤陽の宝探し”!~12.3 東京・後楽園ホール~

第一試合前にドリームゲート選手権試合調印式。
真面目なGammaのコメントに対して信悟はヒール感満載にメインイベントを煽る。
「やれることは全てやってきたつもりです。
 20年のプロレスのキャリア全てを賭けて、コイツと刺し違えてでもベルトを取ります!」(Gamma)
「刺し違えてでもベルトを奪ってやる?
 バカじゃねえのか?
 オマエなんかがベルト取ってもドラゴンゲートにとって何の得もないんだよ。
 ドリームゲートのベルトはこんなヨゴレなレスラーより鷹木信悟の方がいいよな!
 今日はドリームゲートのタイトルマッチだ。
 いつもみたいに汚いマネすんじゃねえぞ。
 それから先月の神戸大会では、あのカスのパンチ富永に負けたという恥をかいたけど全部オマエのせいだ。
 今日はオマエが大恥をかく番だ。
 後楽園、ドリームゲート王者の防衛に期待しとくんだな。」(信悟)



【第1試合:6人タッグマッチ】
Eita&山村武寛&石田凱士
vs
堀口元気H.A.Gee.Mee!!&斎藤“ジミー”了&ジミー・神田

斎了がダブルクロスで石田から勝利。




【第2試合:シングルマッチ】
エル・リンダマン vs しゃちほこBOY

オリオンをカウント2で返したリンダがロコモーション式タイガースープレックスで勝利。




【第3試合:タッグマッチ】
ジミー・ススム&ジミー・クネスJ.K.S.
vs
サイバー・コング&問題龍

ススムはサイバーのパイナップルボンバーを問題龍に誤爆させると、最後はジャンボの勝ち!を決めて問題龍から勝利。




【第4試合:6人タッグマッチ】
吉野正人&戸澤陽&T-Hawk
vs
ドラゴン・キッド&KzyビッグR清水

吉野はKzyに対してトルベジーノからソル・ナシエンテの体勢に入るが、Kzyは吉野の首に足をかけるとそのまま前方へ投げる。
吉野が立ち上がった瞬間、キッドが電光石火のウルトラ・ウラカン・ラナ!
カウント3!
ディアハーツがトライアングルゲートトーナメントに臨むモンスターエクスプレス最強トリオから勝利。




【第5試合:8人タッグマッチ】
CIMA&望月成晃&ドン・フジイ&パンチ富永
vs
土井成樹&YAMATO&谷嵜なおき&Kotoka

もっちーの三角蹴りからパンチがPTキックを決めて谷やんから勝利!!
試合後マイクを持ったパンチは、この日のメインでGammaがドリームゲートを取ってくれること、また福岡国際ではEitaがブレイブゲートを奪取してくれることに加えて、土井YAMATOに対してはツインゲート奪取をアピール。
「ヴェルセルクに勝ったぞー!
 今日はこの後Gammaさんが鷹木信悟のシャバ憎からドリームゲートのベルトを引っぺがして、
 福岡国際センターではEitaがKotokaからブレイブのベルトを奪ってくれるでしょう!
 それから土井!YAMATO!
 オマエらも他人事じゃねえぞ。
 ツインゲートのベルトこのオレが引っぺがしてやるからな!
 よーく覚えておけ!
 オオッ!!」(パンチ)
まだ正式な挑戦表明ではなさそうだが、ここに来て勢いのあるパンチだけにタイトルマッチ実現は十分考えられる。






【第6試合:オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合】
《王者》鷹木信悟 vs 《挑戦者》Gamma

試合序盤、Gammaは信悟の顔面にツバを吐きつけ、さらにコーナーに追い込みツバを擦りつける。
さらに汚水攻撃を狙うが、信悟は立ち上がるとデッドリードライブでGammaを投げる。

信悟はGammaを場外に落とすとテーブルをセットしGammaの体をパワーボムでテーブルに叩きつけ破壊することに成功。
さらに強引にGammaに水を飲ませるとチョップを叩き込み水を吐き出させる。

リングに戻してからも信悟が優勢に試合を進める。
信悟は中川レフェリーの目を盗みGammaの急所にキックを見舞うが、Gammaも逆に急所蹴りを返す。
GammaはKotokaの妨害を同士討ちで排除すると改めて信悟に対して汚水攻撃。

Gammaのアックスボンバーはカウント2。
トラースキックからのガンマスペシャルは信悟がブラッドフォールで返す。
しかし着地したGammaはドロップキックを決めるとガンマスペシャル。
さらにスカイツイスタープレスを狙うが、信悟は立ち上がるとエプロンからのパンピングボンバーでGammaをコーナーから落とす。

信悟のパワーボムはカウント2。
Gammaも信悟の突進をツバで迎撃すると、ロープにもたれた信悟をアックスボンバーで場外に落とす。
Gammaはケブラーダを決めたが、信悟はGammaをコーナーに叩きつけるとイス攻撃。
しかしGammaも信悟のイスを奪うと逆にイス攻撃、さらにイス山の上にガンマスペシャル!

場外カウントが進みGammaはリングに戻ろうとするが、ヴェルセルクセコンドが妨害しGammaのリングインを阻止。
結果20カウント以内に両者戻れずに両者リングアウト!!


ヴェルセルクは信悟の防衛を主張し帰ろうとするが、八木本部長が認めず。
「両者リングアウトということはルールに則ってチャンピオンの防衛だ!」(信悟)
「プロレスのルールっていうのは3カウント、ギブアップだけちゃうぞ。
 両者リングアウトも正式なプロレスルールや、そうやろ!」(土井)
「そうだそうだそうだそうだ!」(Kotoka)
ヴェルセルクが王座防衛を主張するが、八木本部長はKotokaの背中に蹴りを叩き込むと場外に投げ落とす。
「こんな終わり方で誰が納得するっつうんだよ!
 大体今のリングアウトだって、オマエらのセコンドが邪魔したからじゃねえか!
 こんな終わり認めない。
 試合は続行だろ!」(八木)
「もう決着ついてんだろ、鷹木信悟の3度目の防衛成功だ!
 そういうことで先に帰らせてもらうわ。」(信悟)
「待てコラ!
 認めないって言ってんだろ!
 オマエがドリームゲート王者として勝手なこと言うんだったら
 オレも本部長として勝手なこと言わせてもらうぞ。
 オマエの防衛認める代わりに、タイトルマッチを汚したセコンド
 土井、YAMATO、Kotoka、オマエらのベルトは返上だ。
 サイバー、問題龍、オマエらはマスク脱げ。
 谷嵜、オマエは髪の毛丸めろ。
 さらにユニット解散でもやってもらおうか。
 イヤならさっさと試合再開しろ!」(八木)
八木裁き炸裂!!
タイトルマッチは続行!!



信悟はGammaにデスバレーボム。
その後のラリアットの打ち合いは信悟が制すがGammaは張り手連発。
しかし信悟は助走をつけたパンピングボンバーを2発決めるとMADE IN JAPAN!
カウント2。

Gammaはガンマ助クラッチ、前方回転エビ固めで丸め込むがカウントはいずれも2。
信悟は2発目のMADE IN JAPANを決めたがカウント2.99。

ヴェルセルクセコンドはイスをリング内に持ち込むと、イス山の上に信悟はSTAY DREAM狙い。
耐えたGammaは雪崩式フランケンシュタイナーで逆に信悟をイス山に落とす。
しかし信悟のパンピングボンバーが中川レフェリーに誤爆。
レフェリーの居ないリング上は両ユニットがそれぞれ介入。

Gammaの足を刈ったKotokaが塩攻撃を狙うが、それを奪ったパンチが逆に信悟に対して塩攻撃。
Gammaはアックスボンバーからスカイツイスタープレス!
八木さんのカウントが入るが、Kotokaがボックスでレフェリーを殴打。
するとKotokaに対してEitaがミサイルキックを叩き込む。
その後リング上は両ユニットが入り乱れ収拾つかず。
結果はノーコンテスト!



試合後、Gammaは倒れたままの信悟を尻目にマイク。
「ノーコンテスト?
 なんだよ、クソー。
 でもお客さん、今のこのチャンピオン鷹木と、オレ見たらどっちが勝ったか分かるよね。
 最初が両者リングアウトで、次がノーコンテストで引き分けか。
 悔しいけど、これ見たらどっちが勝ったか一目瞭然でしょ。
 でもレフェリーの判断は絶対だ。
 試合前に鷹木信悟と刺し違えてでもベルトを取るって言ってましたよね。
 ベルトは取れませんでしたけど、鷹木信悟に一泡吹かせて、
 恥をかかせてやったのは満足してます。

 でもドリームゲートのベルトを取ることは出来ませんでしたので、
 ドリームゲートのベルトは…」(Gamma)

ここでCIMAが信悟に対してメテオラ!!!
「ドリームゲートのベルトは…CIMA!
 CIMA!
 CIMA!
 CIMA!
 任せたぞ!!」(Gamma)
「おい、無能なチャンピオン!
 これがドラゴンゲートや。
 今日はGamma…さんの意地をしっかりと見せてもらった。
 次はオレが続こうやないか。
 信悟、次の挑戦者はオレや。
 CIMAで、CIMAで、CIMAで鷹木時代強制終了や。」(CIMA)
「やりたい放題やりやがってコノヤロー。
 ドリームゲートのタイトルマッチなんだと思ってんだ。
 Gammaの次はCIMAか。
 オマエらなんの権限で決めてんだ。
 ドラゴンゲートで一番権限あるのはドリームゲートチャンピオンのこのオレだぞ。」(信悟)
「はっきりさせとこうやないか。
 オマエは両者リングアウトで1回負けて、スカイツイスターで2回負けてるんや。
 2回も負けて地に落ちたドリームゲートチャンピオンに断る権利なんてあるか。
 チャンレジャーはCIMAや。
 鷹木信悟、オマエの答えは”YES”か、
 ”はい”か、
 はたまた”お願いします”しかないんじゃ。」(CIMA) 
「頭きたぞ。
 今日は最悪だ!
 こんな恥も全部テメエらのせいだ。
 このフラストレーションは全部、CIMAテメエにぶつけてやろうじゃねえか!
 いつでもやってやる!」(信悟)
「年内のビッグマッチで鷹木信悟の時代終わらせたるからな。
 ドラゴンゲートのヒストリー全てを賭けて、オレがもう一回ドラゴンゲートやり直したるわ。
 バッドエンドはオレが終わらす。」(CIMA)
CIMAがドリームゲートに挑戦!
舞台は年内のビッグマッチということで福岡国際センターしかない!



続いて土井ちゃんがマイク。
「こんなんで勝ったと思うなよ。
 オレがその気になればオーバージェネレーションなんて一瞬で終わらせたるからな。」(土井)
そこへパンチがPTキック!
「パンチ君、グッドタイミーング!
 土井コラ、下らんこと喋ってんちゃうぞ。
 土井、YAMATO、オマエらツインゲートのベルト持ってたよな。
 なんだったらGamma様とパンチ君で挑戦してやってもいいんだぞ!」(Gamma)
「待て待て、オマエどんだけ図々しいねん。
 今ドリームゲートの挑戦終わったところで次にツイン挑戦やと?」(土井)
「オレは昔からそういうヤツだから。」(Gamma)
「たいがい性格悪いな。
 オレもYAMATOも逃げる訳にはいかんからな。
 オマエらの挑戦受けたるわ。」(土井)
「土井、YAMATO。
 オレらはオマエらと刺し違えてでもベルトを取るからな。
 蹴り殺すぞ、コラ!」(Gamma)
Gamma&パンチのツインゲート挑戦も決定!


「12.27 福岡国際センター大会 追加決定分対戦カード情報」(ドラゴンゲート)

------------------------------------
《THE FINAL GATE 2015》
12.27 福岡国際センター

【オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合】
《王者》
鷹木信悟
vs
《挑戦者》
CIMA

【オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合】
《王者組》
土井成樹
YAMATO
vs
《挑戦者組》
Gamma
パンチ富永
------------------------------------




その後帰ろうとする土井ちゃんをGammaが引き止める。
当然お目当ては12月のGAORA生中継恒例の土井ダーツ(笑)
会場からもダーツコールが起こる。
「今日土井ダーツが見たいんか?
 土井ダーツを見に来たんか?
 土井ダーツに期待してんのか?
 言っとくぞ、今日土井ダーツをやるなんてオレは一言も言ってないからな。
 今日は土井ダーツはナシや!
 去年やって一昨年やったからって今日やるとは限らんぞ。
 16日のホールなんて会社が勝手に決めたらええやんけ。」(土井)
と今年は土井ダーツ無し!!

しかしそこに流れてきたのは戸澤のテーマ曲。
「土井!
 ダーツ用意してないってどういうことや!
 もう12月やぞ!
 オマエな、ドラゲーを見に来てるお客さんは12月に入ったらクリスマスじゃないねん。
 12月に入ったら土井ダーツやねん!」(戸澤)
「期待してるところ悪いけどな、今年はナシや!」(土井)
「オマエ職務怠慢やぞ。」(戸澤)
「なんでオマエに言われなあかんねん。」(土井)
そこで土井ダーツの代わりに戸澤が提唱したのは『戸澤陽の宝探し』!


その後はちょっとグダグダ感があったのでマイク部分は省略(笑)
ルールは12個のターンバックルに封筒が貼り付けられており、10人のちびっ子がその封筒をそれぞれ選ぶ。
そこで選ばれた10人が次回後楽園のメインイベントで行われるスペシャル10人タッグに出場。
結果は以下の通り。
赤コーナー:アラケン、谷嵜、戸澤、しゃち、吉野
青コーナー:神田、土井、リンダ、メタルウォリアー、シーサー
最後のシーサーが決まった時の土井ちゃんのマイク。
「なしなしなしなし(苦笑)
 戸澤陽の宝探し、大失敗やろ!
 なんちゅうメンバーしてくれてんねん!」(土井)

アラケン、しゃち、神田、リンダは2年連続メイン出場。
こういう時は大体地味なメンバーが選ばれがち(笑)

土井ちゃんは退場する際
「このメンバー見てみろ。
 オレは当日どうなっても責任とらんからな。
 あとメタル・ウォリアーって誰や。
 それだけ気になるな。
 宝探し言うても宝物ほとんどおらんやんけ。」(土井)
「それ言い過ぎやろ!」(戸澤)
青コーナーは土井ちゃんの奮闘にかかってるよ!


さらに残された2つのターンバックルに貼り付けられた封筒で、次回後楽園のダークマッチに出場する2人を決めることになる。
ダークマッチに選ばれた2人は本戦に出場することは出来ない。
結果、選ばれたのはGammaとT-Hawk。

戸澤陽の宝探し、初めての開催ということもあるか時間かけ過ぎでテンポが悪かったかなぁ。
来年もダーツではなく宝探しで行くならもう少し進行をスムーズにしてもらいたい。


最後は戸澤に促されてGammaが後楽園大会を締めた。
「今日は応援どうもありがとうございます。
 ドリームゲート取れませんでしたけど、
 鷹木に恥ずかしい思いをさせることが出来たかなと思いますし
 来年でドラゴンゲートにあがって10年経ちます。
 そして来年は僕がデビューして20年になります。
 10年前のドラゴンゲートあがった頃は、後楽園ホールで物が飛び、罵声が飛び、
 暴動が起きるんじゃないかとドキドキしながらね
 後ろから殴られて、違うお客さんを殴ってしまったりして、
 色々ありましたけど、今日これだけ応援していただいて本当にうれしいです。
 今日8年ぶりにドリームゲート挑戦して、次の後楽園はダークマッチ?
 これもドラゴンゲートですかね?
 次のドリームゲート挑戦、いつになるか分かりませんが
 8年後だと50歳になるんで引退してるかもしれないんで
 もうちょっと早めにもう1回後楽園で挑戦したいと思います!
 それには皆さんの応援が必要ですので、
 この世界のローカル三流レスラーGammaを応援してください!
 今日はありがとうございました!
 うー!」(Gamma)














ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...