ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

次回後楽園でミレニアルズ対マッド・ブランキー対ジミーズの敗者解散マッチ決定!~7.2 東京・後楽園ホール~

試合結果はバトルニュースから。
「リコシェとサイダルの聖地凱旋にファン大熱狂!CIMAとのトリオで土井吉YAMAを撃破
 Mブランキーがミレニアルズとジミーズに対し、8月の後楽園で敗者解散マッチを要求!」(バトルニュース)

------------------------------------
7.2 東京・後楽園ホール

Gamma&○ジミー・神田&Mr.キューキュー“谷嵜なおき"豊中ドルフィン&マイク・サイダル
(ダイビングエルボードロップ)
ヨースケ♥サンタマリア&Kotoka&エル・リンダマン&U-T×

ドン・フジイ&○斎藤“ジミー"了(ダブルクロス)問題龍&パンチ富永×

○K-ness.&サイバー・コング(光の輪)ドラゴン・キッド&スペル・シーサー×

望月成晃&○Kzy(韻波句徒)ジミー・ススム&堀口元気H.A.Gee.Mee!!×

International Generation 6 人タッグマッチ
CIMA&リコシェ&○マット・サイダル(シューティングサイダルプレス)吉野正人&YAMATO&土井成樹×

New Generation(新世代)vs Current Generation(超新世代) 6人タッグマッチ
B×Bハルク&○鷹木信悟&戸澤陽(MADE IN JAPAN)T-Hawk&Eita&ビッグR清水× 
------------------------------------
休憩中に神戸ワールドの追加カードが発表された。タイトルマッチに名前のなかった信悟とハルクはお互いに田中将斗とビッグR清水をパートナーに迎えてタッグマッチで激突。
田中将斗との対戦というのはビッグには良い経験になりそう。



そして今年の神戸ワールド全カードが決定!
「7.20 神戸ワールド記念ホール大会 全対戦カード決定!」(ドラゴンゲート)
------------------------------------
7.20 兵庫・神戸ワールド記念ホール

【第1試合:6人タッグマッチ】
U-T&Kotoka&エル・リンダマン
vs
スペル・シーサー&しゃちほこBOY&マイク・サイダル

【第2試合:8人タッグマッチ】
ジミー・神田&Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン&“ハリウッド”ストーカー市川&ヨースケ♡サンタマリア
vs
K-ness.&サイバー・コング&問題龍&パンチ富永

【第3試合:オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合】
《王者》戸澤陽 vs 《挑戦者》Eita

【第4試合:スペシャルタッグマッチ】
鷹木信悟&田中将斗(ゼロワン) vs B×Bハルク&ビッグR清水

【第5試合:オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合・6人タッグ3WAYマッチ】
《王者組》
CIMA&ドン・フジイ&Gamma
vs
《挑戦者組》
望月成晃&ドラゴン・キッド&Kzy
vs
《挑戦者組》
堀口元気H.A.Gee.Mee!!&斎藤“ジミー”了&ジミー・ススム

【第6試合:オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合】
《王者組》土井成樹&YAMATO VS 《挑戦者組》リコシェ&マット・サイダル

【第7試合:オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合】
《王者》吉野正人 VS《挑戦者》T-Hawk
------------------------------------
フラミータは参戦せず…。
残念!




その後のセミファイナルで行われたのはCIMAがリコシェ&マット・サイダルと組めば、対戦相手は土井吉&YAMATOという華がありまくりな6人タッグマッチ。
結果はCIMAのシュバイン→リコシェの630°→サイダルのシューティングサイダルプレスで土井ちゃんから勝利。
試合中は連携攻撃を見せた土井&YAMATOと吉野だが、試合後は土井&YAMATOが吉野に攻撃を加えて退場。
メインイベントは新世代(ハルク&戸澤&信悟)と超新世代(T-Hawk&Eita&ビッグR清水)の6人タッグマッチ。
結果は信悟がMADE IN JAPANでビッグから勝利。
試合中にハルクが肩を痛めるシーンがあったようで少し心配。
土井ちゃんが腰の負傷で火曜日の豊橋大会を欠場したこともあり、年間最大のビッグマッチである神戸ワールドを前に怪我だけは避けて欲しいなぁ。



メイン終了後、信悟がビッグに厳しい言葉を投げかけると反発したハルクはビッグと共に退場。
その後信悟は神戸ワールドでドリームゲートとブレイブゲートに挑戦するミレニアルズを挑発し退場。
すると土井ちゃんが登場し、T-Hawkに対して次回スキャンダルゲートと銘打たれた後楽園ホール大会で解散を賭けて勝負しろと要求。
T-Hawkと土井ちゃんによる舌戦の末、結果的にミレニアルズとマッドブランキーの双方が解散を賭けて6人タッグでぶつかることに決まりかけるが、そこに待ったをかけたのはYAMATO。


http://battle-news.com/?p=11039
------------------------------------
お互いユニットから3人用意しろと要求してから「お前らが解散しろ!」と言い争っていると、八木本部長が入ってきて8.6後楽園大会でミレニアルズとMAD BLANKEYの3vs.3敗者ユニット解散マッチを決定しようとする。だが、そこにYAMATOが「待て待て待て。土井ちゃん、もう1つ。解散かけるなら真っ先に解散しなきゃいけない、賞味期限の切れたユニットがあるんじゃねぇか? オイ後楽園、お前らも分かってるよな? ジミーズ、出てこいよ!」と呼び込む。
 すると撤収作業中だったジミーズは各々片付けている荷物を持って入って来る。YAMATOは「おい、ジミーズ! お前ら負け犬ばかりが集まったユニットがよ、このリングでのさばってんじゃねぇぞ! コイツらが負け犬ならコイツらを応援しているお前も、お前も、お前も、テメーら全員負け犬なんだよ! この負け犬どもが。お前らはな俺たちミレニアルズ……俺たちじゃねぇわ」と全知全能とは思えぬケアレスミス!
------------------------------------
ジミーズを解散マッチに引き入れたYAMATO。
全知全能とは思えぬケアレスミスがあったものの、最終的には元気がYAMATOの要求を受け入れて解散マッチへのジミーズ参戦が決定。
ルールは各ユニットが3人出して、3人全てがフォールorギブアップを奪われた場合に敗退が決まるイリミネーションマッチの様子。
神戸ワールド後にユニット再編ですね。
ミレニアルズとマッド・ブランキーとジミーズ、さてどこが解散するのかな…。



「8.6 後楽園ホール大会 決定分対戦カード情報」(ドラゴンゲート)

------------------------------------
8.6 東京・後楽園ホール

【敗戦ユニット解散 サバイバルイリミネーション6人タッグ3WAYマッチ】
ミレニアルズ選抜チーム
vs
ジミーズ選抜チーム
vs
MAD BLANKEY 選抜チーム
------------------------------------










ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...