ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ミラクル土井ダーツは健在!MB大幅増員!~12.3 東京・後楽園ホール~

【第1試合:6人タッグマッチ】
ジミー・神田&ジミー・カゲトラ&Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン
vs
問題龍&パンチ富永&Dr.マッスル

試合はPTの一斗缶攻撃を誤爆させたカゲトラが一騎当千で問題龍から勝利。

Dr.マッスルは試合終了後も正体を明かさずに退場。
体格的にKzyではなさそう、アラケンかな?



【第2試合:タッグマッチ】
フラミータ&ヨースケ♡サンタマリア vs “ミスター・ハイテンション”琴香&林悠河

マリアはバニースタイルで登場。

試合でマリアは琴香の唇を奪うことに成功するも林がバックを取ってジャーマンスープレックス。
ここはフラミータがカットすると、その後フラミータと林が一騎打ちとなり最後はファイヤーバードスプラッシュでフラミータが勝利。



【第3試合:8人タッグマッチ】
吉野正人&スペル・シーサー&新井健一郎&K-ness.
vs
ドン・フジイ&堀口元気H.A.Gee.Mee!!&ジミー・ススム&斎藤“ジミー”了

三重大会で坊主になったフジイさんはカツラ着用で入場。試合中、斎了によって坊主頭を披露させられたフジイさんはジミーズと共に楽しい試合を展開。
アラケンとの坊主頭対決や斎了とのサイクリングヤッホー掛け合いがありつつ、最後はススムがクネスに光の輪を決めて勝利。

試合後、ジミーズはフジイさんに車掌となってもらうため帽子と白手袋を用意。
フジイさんは
「1番ホールより
 ジミーズトレイン
 東京後楽園ホール発 
 熱海温泉行き、ただいま発車いたします。
 出発進行!」(フジイ)
とアナウンスしてジミーズトレイン出発!



【第4試合:タッグマッチ】
ドラゴン・キッド&ビッグR清水 vs YAMATO&サイバー・コング

試合終盤、ビッグはYAMATOに砲丸投げスラムを決める。
これはサイバーにカットされてしまうが、ビッグはさらにサイバーに対しても砲丸投げスラム!
フォールに入ったが、八木さんはエプロンに上がったPTに目を取られておりカウントされず。
ビッグがPTの方へ向かうとイスを持ち込んだYAMATOがビッグの腹部へ一撃。
すかさずサイバーが首固めに丸め込むと3カウントが入ってしまう。

こんな結果でドラゴンゲート一の力持ちが決まるわけないので、1対1の再試合待ったなし。



【第5試合:タッグマッチ】
鷹木信悟&戸澤陽 vs B×Bハルク&望月成晃

戸澤はもっちーを場外に落とすとトペで分断。
リング上では信悟とハルクが一騎打ち。
ハルクはファーストフラッシュを繰り出したが、信悟は回避するとMADE IN JAPAN。
ここはカウント2で返されたが、信悟はパンピングボンバーを決めてハルクから3カウント!

試合後信悟がマイク。
「オイハルク!
 ドリームゲート王者ハルク!
 今日はオレの勝ちだ。
 だがドリームゲート王者まだまだこんなもんじゃないよな。
 オレもこんなもんじゃない。
 オレとオマエが、正々堂々、そんな言葉必要ないぞ。
 オレとオマエがやる時はいつも潰し合いだ。
 どっちかが立てなくなるまでやるからな。
 最近のドラゴンゲートの流れを見てると、今のお客さんのハルクに対する声援、
 会社のプッシュがあるかもしれんが、そんなもんオレには関係ない。
 そんなものは全てぶち壊してオマエからベルトを奪い、
 いやいやベルトだけじゃない。
 自信とプライドを奪い、再びそのベルトをオレの腰に巻いてまたドラゴンゲートに新しい風を吹かしてやる。」(信悟)
対してハルクもマイク。
「今日はオレの負けだよ。
 でもなオレはレスラーとして、一人の男としてオマエには絶対負けたくないんだよ!
 10年かかってようやく手に入れたこのベルト、絶対オマエだけには渡さないからな!」(ハルク)



【第6試合:オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合】
《王者組》CIMA&Gamma vs 《挑戦者組》T-Hawk&Eita

試合中盤、EitaがエプロンのCIMAにドロップキックを決める。
それに怒ったCIMAはリングにイスを投げ入れる。
GammaはそのイスでEitaに一撃決めると場外に落とす。
場外でCIMAはEitaのバンダナを使ってチョーク攻撃。
さらにGammaとEitaを抱え上げて股間を鉄柱に叩きつける。

バックを取ったGammaに対してEitaはエルボー。
これがどこかに入ったかGammaは一気に動きが鈍ってしまう。
Eitaからタッチを受けたT-HawkはCIMAにツームストーンパイルドライバー。
その後はGamma劣勢に。
Gammaを足蹴にするミレニアルズに対して会場からはブーイング。

GammaはEitaを場外に落とすとT-Hawkにアックスボンバーを決めてCIMAにタッチ。
CIMAはミレニアルズを場外に落とすとトペ・レベルサ。

Gammaはアユダメを切り返すとEitaに対して急所攻撃。
さらにリングに上がろうとしたT-Hawkに対してCIMAが急所攻撃。
ツープラトン攻撃を仕掛けた大阪06だが、Eitaがこれを阻止するとグアピシモ。

T-HawkはCIMAにナイトライドの体勢に入るがCIMAは回避。
CIMAはフットスタンプ連打からロメロスペシャルの体勢に入り逆ナカユビからメテオラ。
しかしEitaが入るとCIMAにNumero Uno!
GammaがT-Hawkのフォールに入るとEitaは技を解いてカット。

EitaはGammaを場外に落としてコーナーから鉄柱越えケブラーダ。
リングに残されたのはT-HawkとCIMA。
T-HawkはCIMAにウラジゴクからBTボムはカウント2でCIMA返す。
ならばとT-Hawkはナイトライド!
キッチリ決まるがフォールに行かないT-Hawkは再度ナイトライド。
これはCIMA返せず3カウントが入る。
ツインゲート王座交代…。


試合後、CIMAとGammaを踏みつけるT-HawkとEita。
「完全なミレニアルズの大勝利だ!
 そんなことより新人2人、オマエらこっちだろ、早く来い!
 来いっつってんだ!」(T-Hawk)
と、T-HawkがNEXでデビューしたばかりの山村と石田に対して命令。
「オマエらは確か1990年以降の生まれだって言ってたよな。
 ミレニアルズのコンセプトは1990年以降の人間は味方なんだよ。
 お前らは自動的にミレニアルズなんだよ、分かるか。」(T-Hawk)
観客からミレニアルズに対してブーイングが起こり、新人2人は行かず。




そんな中”マスキュラー!♪”から土井ちゃん登場!
さらに土井ダーツを持ってKzyも!!
「ミレニアルズ、試合はもう終わったんじゃ!
 ミレニアルズ世代とかそうじゃないとかどうでもええんじゃ!
 オマエらが知りたいのは土井ダーツがいつ開催されるかやろ!
 いつやるかって?
 今やるぞ!」(土井)

土井ちゃんに掴みかかるT-HawkだったがサイバーがT-Hawkを弾き飛ばす。
さらにYAMATOがEitaにgo 2 Hospital Ⅱ!
T-HawkとEitaをダウンさせたYAMAコンにお客さんは大歓声。



そして土井ダーツで次回12.16後楽園ホールで行われるスペシャル10人タッグのメンバーを決めることになる。
その結果、選ばれたメンバーは以下の通り。
【青コーナー】Gamma、しゃち、フジイ、斎了、神田
【赤コーナー】アラケン、PT、マリア、CIMA、林

これで終わりかと思いきや、土井ちゃんが「もう一回土井ダーツやるぞ」と言い出すと新しいダーツの的が現れる。
そこには現在ユニットに所属していないメンバーの名前が書かれており、土井ちゃん曰く今ピンチのMBの新しいメンバーをダーツで決めることになる。
「オマエらも分かってるように、今マッドブランキー大変なんや。
 ハルクがマッドブランキー抜けて、ディアハーツを作った。
 そしてオレとKzyが欠場した。
 これも全てハルクのせいや。
 先月ベテラン軍が解散したよな。
 これも全てハルクのせいじゃ!
 ベテラン軍で宙ぶらりんに浮いた選手いてるよな。
 そこでや!この土井ダーツを使ってマッドブランキーのメンバー募集するぞ。」(土井)
CIMAは拒否しようとするが土井ちゃんは
「土井ダーツには拒否権はないぞ。
 オマエらは素直に土井ダーツするか引退するかどっちかやぞ!」(土井)
「オマエ、いつの間にそんな偉なったんや。」(CIMA)
「引退すんのか?」(土井)
「引退はせえへんよ。
 家庭もあるしな…。」(CIMA)
「どうすんねん。」(土井)
「やらせていただきます。」 (CIMA)
最初は土井ちゃんとKzyの分で2人補強する予定だったが、ダーツを投げるちびっ子が3人選ばれてしまう。
そしてダーツの結果、最初に選ばれたのはクネス。
「今日からマッドブランキーや。」(土井)
「マジか…」(クネス)




続いて2人目は大阪06(CIMAとGamma)が選ばれる。
本来ならここまでだったが、ちびっ子が3人リングに上がっていたためもう一人追加で選ぶことになる。
その結果3人目はドン・フジイ!
「Kzyと土井の補強やろ。
 オレらいつ抜けたらええんや。」(CIMA)
「そんなん知らんわ。
 オレもいつ復帰できるかわからんわ。
 オレ今からリハビリせなあかんねん。
 なんでもオレに聞いたら分かると思うなよ。」(土井)
結局MB加入せざるを得なくなったCIMA達は…
「入るに当たって言っとくぞ。
 オレは東京が大嫌いなんじゃー!
 大阪が一番じゃ!アホ!」(CIMA)
「大阪イチバーン!
 オマエら蹴り殺すぞ!
 東京のバーカ!」(Gamma)
「なんでオレがハゲになったか分かってんのか!
 マッドブランキーに入るためにハゲになったんや。
 オマエら全員敵じゃ!
 グチャグチャにしてやるぞ、ドラゴンゲート!」(フジイ)
「黄色のクネス…見せてやるよ。」(クネス)
最後は新生マッドブランキーが締め。


ということで新生マッドブランキーのメンバーはYAMATO、サイバー、問題龍、パンチ富永、土井(欠場中)、Kzy(欠場中)、CIMA、Gamma、クネス、ドン・フジイ!
なんか予想の斜め上に進んだこの日の後楽園大会。
しかしこれはこれで今後が楽しみ過ぎる(笑)
フジイさんとYAMATOのフジヤマタッグが実現するとは…(涙)








ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...