ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

2014年ラストマッチはB×Bハルク対鷹木信悟!~11.23 佐賀・諸富ハートフル~

【ダークマッチ:シングルマッチ】
林悠河 vs ジミー・カゲトラ

滞空時間のある垂直落下式ブレーンバスターでカゲトラ勝利。



【第1試合:タッグマッチ】
ドン・フジイ&“ハリウッド"ストーカー市川 vs ジミー・神田&斎藤“ジミー"了


市川大先生「今日の試合はお笑いゲートを賭けてやれよ」
斎了「お笑いとは無縁のキャンディーはお笑いゲートなんて欲しくないんだよ!ね?」
神田「欲しい!」
斎了&神田対フジイ&市川戦はお笑いゲート選手権試合に変更。
さらにいっちゃんは昨日のうきは大会で肩を痛めたためスローモーションプロレスを提唱。

試合が開始すると斎了といっちゃんは一通りスローモーションプロレスを展開。
斎了からタッチを受けたキャンディーも一通り付き合うがジョン・ウーに行くと見せかけ素早くて首固め。
カウント2。
スローモーションが終了したかと思いきや、いっちゃんからタッチを受けたフジイさんは斎了とスローモーションプロレスを展開。

その後なんやかんやありつつ、試合自体は斎了がダイビングボディプレスでいっちゃんから勝利。
その後のお笑い判定はキャンディーと斎了で決選投票が行われ、結果はキャンディーがお笑いゲート王座奪取!!





【第2試合:シングルマッチ】
パンチ富永 vs B×Bハルク

両者のセコンドにはMBとディアハーツが付く。
PTがハルクを場外に落とすとYAMAコンが襲いかかる。
リングにハルクを戻してからも監獄固めやPTキックで攻め込むが、ハルクはコーナーにがったPTを捕らえてEVO。
さらにEVOPを決めたがカウント2。
そこへサイバーが介入してハルクにパンピングボンバーを打ち込むと、PTは一斗缶で殴打。
八木さんが試合を止めてハルクの反則勝ち。

試合後も襲い続けるMBに対して信悟がリングインするとPTにパンピングボンバーを決めてMBを排除。
その後ハルクに対しても攻撃を加える信悟。
ハルクも反撃してファーストフラッシュを狙うが、信悟はパンピングボンバーを叩き込む。
「オマエはマッドブランキーをやめてから良いところを売って
 ファンに指示されてるようだがな、そんな事はオレには関係ない。

 オレはオマエに裏切られ、血だるまにされ、一生消えない傷を頭につけられた。
 その恨みはまだ忘れちゃいねえからな。
 それともう一つ。
 オマエ、自分の口で言ったよな。
 今まで迷い続けてダンスを踊ったり、迷い続けて髪を伸ばしたり、化粧したり悪ぶったりしていたが
 ベルトを取ることでやっと解放されたと。
 だがそこには大きな間違いがある。
 オレの目は誤魔化せんぞ、ハルク。
 いいか、オマエはまだまだベルトを取って尚、迷い続けてるんだ。
 だってそうだろ?
 10年間ベルトを取ることに必死だったヤツが取った先なんて考えるはずねえよな。

 そんな中途半端なオマエに団体の最高峰のベルト持たしておくわけにはいかねえぞ。
 オマエにチャンピオンとして年越しはさせねぇ。
 12.28国際センター、オマエのドリームゲートの対戦相手はこのオレだ。
 いい返答待ってるぞ。」(信悟)
やっぱり信悟が動いた!



【第3試合:6人タッグマッチ】
T-Hawk&Eita&フラミータ vs CIMA&Gamma&テンザンマスク

テンザンマスクはどこかで見たようなコスチューム。
斎了曰く「借りたんでしょう」とのこと。Gammaがミレニアルズに集中的に攻め込まれたが、ローンバトルを脱するとテンザンマスクにタッチ。
テンザンマスクはT-Hawkにダイビングラリアットを決めるとフラミータも場外に落とし、鉄柱からケブラーダ。
その後CIMAとT-Hawk、Gammaとフラミータによる一進一退の攻防が展開されるが、テンザンマスクを捕らえたミレニアルズはフラミータのレタドールからマリアもカウント2。

Eitaが走りこんできたところに大阪06がダブルトラースキックを決めるとテンザンマスクがスワントーンボム。
ここはミレニアルズがカット。
CIMAがコーナーに上がるがフラミータは場外に突き落とすとプランチャで大阪06とテンザンマスクを分断。
リング上ではテンザンマスクとEitaが一騎打ち。
テンザンマスクがEitaを抱え上げるが、Eitaが横十字に丸め込むとNumero Unoに繋げて勝利。





【第4試合:タッグマッチ】
YAMATO&サイバー・コング vs 堀口元気H.A.Gee.Mee!!&ジミー・ススム

YAMATOの左ヒザを集中的に攻めるジミーズ。
しかし元気がロープに走ったところでPTが足刈り。
すかさずサイバーが乱入してススムと元気にダブルラリアット。

その後は元気がMBの猛攻にさらされる展開が続く。
しかし元気もYAMATOとPTを同士討ちさせるとサイバーも場外に落としてトペ・トビウオ。

YAMATOはススムをコーナーに振るとgo 2 HospitalⅡ。
しかしススムはジャンボの勝ち!で反撃。
その後PTがリング上にイスを入れてYAMATOが雪崩式で叩きつけようとするが、コーナー上で2人もつれ合い両者場外に落下。
ススムはしばらく戦線離脱。

サイバーは孤立した元気にジャックハマーからダイビングエルボードロップ投下。
ふらつきながらもススムがなんとかカットするが、サイバーはそんなススムにファイヤーサンダー。
サイバーのパワーボムはリバースで切り返したススムだったが、ロープに走りこんだところでYAMATOのイエローボックス→サイバーのパイナップルボンバーは返せず。


試合後、YAMATOがマイク。
次回後楽園で行われる大阪06対ミレニアルズのツインゲート戦勝者に対して、福岡国際センターでの挑戦を表明。
「土井ちゃんとKzyが怪我して、マッドブランキーは消滅の危機などと言ってるヤツが居るな。
 さにあらず。
 オレ達YAMAコンは絶好調だ。
 その証拠にこの九州シリーズは6戦6勝。
 負けなし。
 オレ達YAMAコンに敵無しだ!
 タッグの最高峰はオレ達YAMAコンにこそふさわしい。
 オマエ達もそう思うだろ?
 これがどういう意味か分かるか?
 12.3後楽園で大阪06とT-HawkEitaのツインゲート戦がある。
 この勝者に12.28福岡国際センターでオレ達YAMAコンが挑戦を表明する。
 12.28はYAMAコンの新たな伝説誕生の日だ。
 オマエら楽しみにしとくんだな!」(YAMATO)
------------------------------------
12.28 福岡・福岡国際センター

【オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合】
《王者組》
12.3 後楽園ホール大会における
CIMA&Gamma vs Hawk&Eita
の勝者組
vs
《挑戦者組》
YAMATO
サイバー・コング
------------------------------------


ススムさんは落ち方がやばかったのでちょっと心配だなぁ。





【第5試合:6人タッグマッチ】
吉野正人&鷹木信悟&戸澤陽 vs 望月成晃&ドラゴン・キッド&ビッグR清水

試合中盤、ローンバトルとなったキッドのタッチを受けたビッグが戸澤と吉野を弾き飛ばす。
さらに信悟に対してはベアハグからブレーンバスター。
続けてもっちーが戸澤に二角蹴りを決めるとキッドは場外へケブラーダ。

キッドは信悟に619からミステリオラナを仕掛けるが信悟はパワーボムで叩きつける。
信悟と戸澤がキッドに対してダブルインパクト式ダイビングボディアタックを決めると吉野が変形みちドラもカウント2。
戸澤コーナーに上がるがビッグがカットしてキッドがスーパーフランケンシュタイナー。
さらにビッグがジャイアントスイングから逆エビ→ライガーボムの連続技。

その後六者入り乱れる展開も、ビッグに戸澤が雪崩式ブレーンバスター。
そこからMEが雄叫びトレイン攻撃。
信悟のパンピングボンバーはビッグが返す。
戸澤のデッドリフトはディアハーツがカット。
しかし戸澤がトペでディアハーツを分断。

信悟がビッグにMADE IN JAPANを狙ったところでセコンドに付いていたハルクがエプロンに上がる。
信悟がハルクに攻撃を加えて場外に落とすが、ハルクは試合に介入すると信悟にファーストフラッシュ!
最後はビッグが砲丸投げスラムで信悟から3カウント!

試合後、信悟とハルクで舌戦が展開される。
「最後のはなんだよ!
 試合に関係ないテメェ乱入しやがってそれでもドリームゲート王者か、コノヤロー!
 やっぱりオマエは今でも迷走してんだな!」(信悟)
「何言ってんだ、テメェもオレの試合終わった後ラリアット喰らわしただろうがよ!
 ファーストフラッシュはそのお返しだ!」(ハルク)
「いいぜ、おあいこだな分かったよ!
 その話は置いといて、オレは第2試合終了後にドリームゲートのこと言ったろ。
 そのことについてはどうなってんだよ。」(信悟)
「それとこれとは話が別だ!
 オマエみたいな自己中なヤツの挑戦なんか受けるかよ!」(ハルク)
「何が自己中だ。
 分かったぞ、やっぱりオマエはオレの事が怖いんだろ。
 考えてみると、過去オレとオマエのドリームゲート戦は全てオレの勝利。
 丸坊主にしたこともあったな!
 結局オマエはブランキー時代の時のように反則なしではオレには勝てない、そういうことだろ。
 オレに勝てないことが分かってるなら、素直にオレにベルトを返上したらどうだ。」(信悟)
「ベルト返上だと?
 どれだけオマエの根性ひん曲がってんだ。
 オレは悩んで悩んでこのスタイル手に入れたんだよ。
 オマエみたいな自己中野郎にチャンピオンにふさわしくないなんて言われたくない!」(ハルク)
「オマエ10年間迷ってたんだろ?
 悪いけどオレ10年間自己中だから。
 オレは信念とポリシー持ってやってんだ。
 オマエはドリームゲート王者にはふさわしくない!
 今すぐベルト返上しろ!」(信悟)
「鷹木!
 オレがオマエのそのひん曲がった根性叩き直してやるよ!」(ハルク)

そして八木さんによって12.28福岡国際センターでのB×Bハルク対鷹木信悟のドリームゲート戦が正式に決定!!
------------------------------------
12.28 福岡・福岡国際センター

【オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合】
《王者》B×Bハルク vs 《挑戦者》鷹木信悟
------------------------------------

「今回オマエが失うのはベルトだけじゃねえぞ!
 髪の毛でもない、今回こそオマエの全て、存在全てを消してやるからな!
 12月28日でB×Bハルクは終わりだ!」(信悟)
「オレの存在を消すだと?
 どんだけ根性曲がってんだこのヤロー!
 オレがオマエの根性叩き直してやるからな。
 12月28日は俺が勝って防衛しますんで、皆さん楽しみにしていてください!」(ハルク)
最後はディアハーツが締めて佐賀・諸富ハートフル大会終了。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...