ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

スマックダウン #430

KING OF GATEも何試合かしてますが、信悟と吉野が負けたのはちょっと意外な結果。
今年の優勝は、ここまで残った中ではハルクかエイリースかなぁ。

そして23日のサンボーホール大会では、吉野のブレイブに享が挑戦。
昔YOSSINOとしてウェルター級王者だったときに、享が挑戦してましたな。
あの時は腕吉野を初公開した試合やったし。
今回もマッスルの介入がなければ、好試合になることは必至。

そして28日の後楽園ホールで土井吉のGHCタイトルマッチが決定。
相手は青木と金丸。
金丸はドラゲーと絡むときはマッスルの助っ人だったはずなんすけど。。。
まあ負けんでしょ。
ノアの中ならKENTA&石森と土井吉の試合は見てみたい。

さてサバイバーシリーズ直前のスマックダウン。
フィンレー対ジェフ
フィンレーが珍しくドロップキックを見せるなど、ほとんどフィンレー優勢で試合が進む。
そしてジェフが反撃を仕掛けた所で、フィンレーはこん棒を取り出すが、レフェリーに見つかってしまいそのまま反則負け。
ジェフはこれでRAW→ECW→スマックダウンと3番組に登場~。
相変わらず酷使しすぎ。


テイカー登場。
珍しくテイカーがマイク。
ヘル・イン・ア・セルに向けて結構普通にマイクでしゃべってる。
このキャラだとマイクがあまり似合わんね。
最後は"Rest In Peace・・・"でシメ。


ビクトリア&ベス対ミッキー&トリー
このメンツだとトリーがかなり浮いてしまうやろ。
というわけで、ミッキーが一人ヒール組に捕まってしまい、何とか交代したトリーがベスにどどんで負け。


MVPラウンジ
ゲストはマット。
RAWでのジェフへしたことに対して話してたかと思いきや、あっさりとUS王座へ話題を移すマット。
"最後にUS王座戦をしたのはいつだ?オレ相手にな!"(マット)
"タッグ王座戦で忙しかったからな。"(MVP)
"今夜試合を組め。US王座を賭けてオレと試合しろ。"(マット)
"なぁ、マット。オレとオマエはフレンドじゃないか。"(MVP)
"フレンド?ホーミーでアミーゴだというのか?それは違うぞ。今夜試合を組むんだ。"(マット)
"それは無理だ。だって今からタッグ王座戦だもん。早くセットを下げて試合の用意して。"(MVP)


マット&MVP対モリソン&ミズのWWEタッグ王座戦
ECW王座に挑戦する2人がタッグ王座に挑戦。
試合はMVPが足を痛めてマットに交代してからはマットが左足を攻められ、ミズ相手にツイストオブフェイトの体勢に入るものの、モリソンにチョップブロックを決められそのままミズに3カウントを奪われる。
何とマット&MVPが王座陥落!
試合後にMVPが早速再戦権を行使。(笑)


モリソン&ミズ対マット&MVPのWWEタッグ王座戦
2試合目でも、早速足を怪我するMVP。
マットに交代してからも再度ヒザを攻められて、最後はモリソンのヒザ十字固めでマットがタップ。
MVPは試合後にマットを気遣うそぶりを見せるが、予想通りマットに対して執拗なヒザ攻め。
リング内に鉄階段を持ち込むとニークラッシャーでマットのヒザを叩きつける。
でも最後のニークラッシャーはかなり決まってて、長期欠場のアングルってことはないよね?
マットとMVPのシナリオが進行してくるってことですよね?


ミステリオ対ケネディ
なんといっても、この試合ケネディ技多彩!
アルゼンチン・バックブリーカーから風車式バックブリーカーと豊富な技でミステリオを攻めたてる。
終盤にミステリオも619からウェストコーストポップを狙うが、ケネディが遠すぎて決めることが出来ない。
最後は、ケネディの雪崩式ブロックバスターを、ミステリオが雪崩式フランケンシュタイナーで切り返してピン。
PPV前に内容の濃い素晴らしい試合。


ホーンスワグルとカリの公開計量
ホーンスワグルの体重は63キロ。
カリの体重は計測不可能。
いまどきの体重計が壊れることあんのか?
そして写真撮影。
ちょうどカリのち○この位置にホーンスワグルの顔が。。。


バティスタ対ヘンリーのノーDQ戦
バティスタはヘンリー相手に見事なスパインバスター。
続いてベルトを持ち出すと、ベルト攻撃であっさり3カウント。
ただ試合後もヘンリーを鉄階段に叩きつけると、イスで連打。
そして最後は、タイタントロンに写ったテイカーとリング上でにらみ合いながら終了。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...