ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

富永千浩改めパンチ富永!!~7.3 東京・後楽園ホール~

「白ハルク復活!B×Bマサとダンスを披露するも、Dr.の介入で敗れる!
 琴香に敗れた冨永は“パンチ冨永”としてMB入り!サイダルが帰ってくる」(バトルニュース)





第1試合
パンチパーマ・コントラ・パンチパーマ~敗者パンチパーマ・マッチ~
富永千浩 VS “ミスター・ハイテンション”琴香

パンチパーマは頭皮にダメージを与えるため、試合前に床屋さんによる頭皮チェックが行われる。
トミーはOK、琴香はブリーチしてたけどOK。
ということで両者ともに頭皮チェックはクリア。

両者ともに気合の入った試合を見せるが、結果は琴香が飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを丸め込んで3カウント!
パンチパーマとなるのはトミーに決定!
試合後トミーはセコンドに強引に連れて行かれた。




第2試合
サイバー・コング&Kzy&問題龍 VS ドン・フジイ&Gamma&“ハリウッド”ストーカー市川

試合はKzyが韻波句徒でいっちゃんから勝利。




第3試合
U-T&ヨースケ♡サンタマリア VS ドラゴン・キッド&K-ness. VS ジミー・カゲトラ&Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン

クネスとキッドはマリアに唇を奪われてしまい戦線を離脱。
ジミーズとミレニアルズが対峙すると、最後はカゲトラが車懸りでU-Tから勝利。、





試合後に菊池さんから神戸ワールドのインターナショナルタッグマッチのカードが発表される。
マット・サイダルが帰って来るー!!!




第4試合
吉野正人&リコシェ VS 堀口元気H.A.Gee.Mee!!&ジミー・ススム

トルベジーノ十字固めで吉野がススムから勝利。


試合後に吉野とリコシェによる神戸ワールドでのマットサイダルとの試合に向けたマイク。
リコシェは日本語と英語を交えたマイク。
「リコシェ、マット・サイダル、メッチャトモダチ
 デモデモ、タブン、2006ネン?
 リコシェ、マット・サイダル、1on1シングルマッチ、アメリカ。」(リコシェ)

「2006年アメリカでマットサイダルとシングルマッチやったみたいですよ。」(吉野)
「デモワタシハホントワカイネ。」(リコシェ)
「あー、若かったと。」(吉野)
「エー17サイ?」(リコシェ)
「17才。若いな。」(吉野)
「デモ、イマ、モウチョットスゴイ。」(リコシェ)
「今、彼が言いたかったのは17才の時より今のリコシェの方が凄いと。」(吉野)
「デモ、メッチャタノシイ。ハッピー。
 マット・サイダル、CIMA、ヨシノ、リコシェ、コウベワールド、so much fun.」(リコシェ)
「まあ彼も神戸ワールド凄く楽しみにしてるみたいですけど、
 WWEに行って成長したマットサイダルと久しぶりにドラゴンゲートのリングで再会できるということで、
 我々も非常に楽しみにしていますんで、皆さんも7月20日神戸ワールド、
 吉野リコシェ組対CIMAマットサイダル組ご期待ください。」(吉野)

リコシェ、日本語かなり上手(笑)
吉野の名通訳ぶりも見事。





第5試合
MONSTER EXPRESS VS ミレニアルズ 6人タッグマッチ
鷹木信悟&戸澤陽&ウーハー・ネイション VS T-Hawk&Eita&フラミータ

試合はEitaがNumero Unoを戸澤に決めたところで信悟がタオル投入。

試合後、ウーハーがタオルを投入した信悟を突き飛ばすが戸澤が間に入る。
「鷹木信悟、オマエがタオルを投げ入れなかったら、
 今頃戸澤の腕はへし折れていただろうな。」(Eita)

「戸澤陽はタップもギブアップもしてねえぞ。
 小僧どもは目先しか見てないから輪からねえだろうがよ、オレと戸澤は10年組んでんだ。
 俺達は7月20日という先を見てるんだ。
 お前らの存在なんてドラゴンゲートには必要ねえんだよ。
 オレがワールド前に消してやるから、せいぜい今日の勝利を喜んどけ。」(信悟)
「ツインゲートチャンピオンはこんなもんか?
 オレとEitaはお前らが10年かかったところを1年で全て成し遂げてやる。
 神戸ワールド覚悟するのはお前らの方だ。」(T-Hawk)
「クソガキとも、戸澤じゃないやろ!戸澤さんやろコラー!
 完全にブチ切れたぞ。
 今まで通りの明るくて楽しくてお調子者の戸澤陽と思うなよコラ。
 7月20日完全に潰したるから覚悟しとけよ!」(戸澤)



ミレニアルズ退場後、パンチをあてたトミー登場。
「なかなか似合ってんじゃないの?
 よく見ればオバちゃんにも見えるね。
 戦前頭皮のためにも絶対パンチになりたくないと言ってたんですけど、
 これは完全にアウトだな(笑)
 オマエ、パンチパーマやり続けなきゃいけないんだから、この頭皮アウト。
 なに怒ってんだ。
 やっと暁と言う太陽が上った感じじゃねえか。」(信悟)
信悟の弄りにトミーの怒りが爆発。
チョーパンからキックを叩き込む。
「オイ、鷹木!
 何がパンチパーマ似合わねえだ、いつもいつもいつも馬鹿にしやがって!
 ふざけんじゃねえぞ!!」(トミー)







メインイベント
スペシャルタッグマッチ
YAMATO&土井成樹 VS B×Bハルク&B×Bマサ(望月成晃)

リンク先マサ&ハルクのダンスGIF。



試合はMBセコンドの介入も、問題龍の塩攻撃が土井ちゃんに誤爆。
そこへマサとハルクがダブルファーストフラッシュも八木さんのカウントをKzyが妨害。
マサがトペマサアキでMBセコンドを排除すると、リング内ではハルクが土井ちゃんにFTX。
そしてファーストフラッシュを仕掛けようとしたところでDr.マッスル登場。

Dr.マッスルはハルクにイエローボックス!
そこへ土井ちゃんがV9クラッチを決めて3カウント!



試合後、土井ちゃんはDr.マッスルはMBの新メンバーだと告げる。
そしてマスクを取ったDr.マッスルの正体はパンチパーマをあてたトミー!
土井ちゃん曰く、こいつは富永千浩ではなくパンチ富永だと発表。
「オレが今日からパンチ富永だ!!
 一つだけ言っとくぞ、鷹木信悟、テメエだけは死んでも許さねえからな!!」(パンチ)
「こいつはMBで大暴走するからな。
 最後にこれだけは言っといたるわ。
 BBハルク、BBマサよりパンチ富永のほうがいいやろ!」(土井)

「ハルクよ、7月20日神戸ワールド記念ホールの本番の前に残念な結果になっちまったな。
 こんなんでこのYAMATOの牙城を崩せるのかな?
 オマエがMBから抜けた穴はこのパンチ富永で十分だ。
 いやお釣りが帰ってくるな。
 これからも、このスリータイムスドリームゲートチャンピオンのYAMATO、
 そしてパンチ富永が加入したMBがこのリングの中心だ。

 後楽園ホール、このオレは誰だ?
 このオレはスリータイムスドリームゲートチャンピオンのYAMATO、
 このドラゴンゲートを黄金時代に導く男だ。

 来月の後楽園ホールもこのオレがベルトを持って帰ってきてやるから楽しみにしとくんだな。」(YAMATO)
「ドリームゲートチャンピオンのYAMATOさんよ、こんな勝ち方で満足なのか?
 胸張ってドリームゲートチャンピオンって言えるのか?
 反則、乱入のMBがベルトを持ってる、オレは認めねえぞ!
 MBがいつまでもベルト持ってていいのかよ!
 7月20日神戸ワールド、オレがYAMATOに勝って、
 そのドリームゲートのベルトをMBから救い出してやるよ。

 YAMATO、オマエはそのパンチ富永と仲良くやってろよ。」(ハルク)



MB退場後、BBマサとBBハルクでマイク。
「パンチ富永、一つだけ気になったこと言ってたよ。
 鷹木信悟が大嫌いだってよ。
 ハルク、少し気が合うんじゃないか?」(もっちー)
「そこだけはオレと一緒です。」(ハルク)
「神戸ワールド、オレとも3年前にやったけど今回で七度目の挑戦となります。
 デビュー一、二年目から挑戦してるから長い道のりだと思いますけども、僕は今回が最高潮だと思ってます。
 ファンの皆さんの気を神戸に持ち帰れば今回こそは取れると思ってるよ。
 だけど!今回取れなかったらもうないぞハルク!」(もっちー)
最後はハルクが大会を締め。
「神戸ワールドでベルト取って、新ドリームゲートチャンピオンとしてここ後楽園に帰ってきます。
 皆さん、そのときも暖かい声援をよろしくお願いします!
 今日はありがとうございました!」(ハルク)




















ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...