ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

X=リコシェ、Y=TAKAみちのく~2.6 東京・後楽園ホール~

試合結果はバトルニュースから。
「CIMAが連れてきたXはリコシェ!いきなり吉野に勝利してDG挑戦表明
 大江戸式イリミでジミーズを撃破したMDだが、抗争はさらに続く…」(バトルニュース)

------------------------------------
2.6 東京・後楽園ホール 

堀口元気H.A.Gee.Mee!!&○ジミー・カゲトラ(車懸かり)TAKAみちのく&U-T×

○ドン・フジイ&新井健一郎(HIMEI)しゃちほこBOY&富永千浩×

ランバージャック鞭打ちマッチ
○ヨースケ♡サンタマリア(ソナロッサ)Gamma×

○リョーツ清水&琴香(横入り式エビ固め)Kzy&問題龍×

ドラゴン・キッド&スペル・シーサー&○K-ness.(光の輪)鷹木信悟&ウーハー・ネイション&戸澤陽×

スペシャルタッグマッチ
T-Hawk&○リコシェ(変形横十字固め)望月成晃&吉野正人×

MAD BLANKEY VS ジミーズ 大江戸式イリミネーションマッチ
土井成樹&B×Bハルク&YAMATO&サイバー・コング
 VS
ジミー・ススム&ジミー・神田&斎藤“ジミー”了&Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン
○サイバー・コング(サイバーボム)斎藤“ジミー”了×
×サイバー・コング(ダイビングエルボードロップ)ジミー・神田○
×土井成樹(ミストからの首固め)ジミー・神田○
○B×Bハルク(ファーストフラッシュ)ジミー・神田×
○B×Bハルク(FTX)Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン×
×B×Bハルク(夢限)ジミー・ススム○
○YAMATO(ギャラリア)ジミー・ススム×
※MBが一人残りで勝利
------------------------------------

本日はGAORAにて生中継!
ということで仕事終わりで即帰宅し第1試合に備えました。


第1試合前、CIMAが自らの代役として発表されていた”Y”を呼び込む。
その正体はTAKAみちのく。U-Tも粘りを見せたが最後はカゲトラの車懸かりに沈む。



第2試合はトミーがフジイさんにやられまくる。
終始グロッキー状態だったトミーに代わりしゃちが奮闘を見せたが、フジイさんがトミーに片エビ式のHIMEIを決めて勝利。




第3試合はマリアとGammaによるランバージャック鞭打ちマッチ。
マリアはいつもと同じコスチュームだったもののGammaは…
これ生中継でどうなんですかね…試合もGammaとフジイさんによるSMショーあり、Gammaの汚水をマリアが飲むシーンあり、そしてGammaとマリアの接吻もありとR指定になりそうな展開が続く(笑)
一応最後はマリアがソナロッサでGammaから勝利したが、試合後にGammaとマリアはお互い愛が芽生えたのか再度キス。バトルニュースさんの試合後のコメントも酷い(笑)
是非ご一読を。



第4試合は前回の後楽園でMBに騙された琴香&リョーツの雪辱戦。
結果はMBの同士討ちからリョーツが問題龍を丸め込んで勝利。
すると試合後にフジイさんが登場しリョーツに対して共闘を呼びかける。
「琴香とずっとやっていっても上には行けへんぞ。
 オレと一緒にタッグ組んでいかへんか?」(フジイ)
「ここ数ヶ月、琴香さんと組んでいても何も成果がないです!
 僕をフジイ部屋に入れてください!」(リョーツ)
ということでリョーツとフジイさんが合体。
そこへ取り残された琴香がマイクを取る。
「あのーフジイさん、僕は…」(琴香)
「知るか!」(フジイ)
琴香の迷走ロードはまだまだ続きそう(笑)




第5試合はウーハーの日本復帰戦。
ウーハーのパワー&スピードはさすがの一言。
そのウーハーに乗る形でモンスターエクスプレスがベテラン軍を圧倒するも、最後はクネスが光の輪を戸澤に決めて逆転勝利。
トライアングルに名乗りを上げてるベテランマスクマントリオが白星を掴み取った。




後半戦開始前、この日ノドを痛めて声がおかしかった菊池さんに代わり戸澤がリングアナの代役を務める。
菊池さんお大事に。




セミファイナルはXを含めたスペシャルタッグマッチ。
もっちー→吉野→T-Hawkの順番で入場してくると、T-Hawkがマイクで自らのパートナー”X”を呼び込む。
”X”の正体はリコシェ!
試合は久しぶりの来日となるリコシェが横十字に丸め込んでドリームゲート王者の吉野から勝利。
試合後、リコシェは吉野の持つドリームゲート王座に挑戦表明。
吉野はその申し出を受け入れたものの、同ユニットのウーハーがリコシェに突っかかる。
CIMAも「ケンカはしたほうがいい」ということで、次回後楽園でリコシェ対ウーハーのシングルマッチが決定。
リコシェはモンスターエクスプレスを離れるという展開まではなってないものの、次回後楽園の結果次第では離脱もあるのかな?


メインイベントはジミーズ対MBの大江戸式イリミネーションマッチ。
場外戦ありまくりの大混戦の中、最後に残ったのはYAMATOとススム。
ススムがギャラリアを一度は返すものの、2発目のギャラリアを返すことが出来ずに3カウントが入る。
メインイベントの勝利チームはMB。




試合後に土井ちゃんは神田に対して抗争終結を宣言。
しかし神田は「まだまだ付け回す」と返す。
そこへハルクと谷やんも入って舌戦が展開されると、次回後楽園で土井ちゃん&ハルク対神田&谷やんが決定。
しかしハルクは
「もうちょっとちゃんとしてくれよ。」(ハルク)
とチームメイトの土井ちゃんに苦言を呈す。
険悪な雰囲気になりかけたところ、即座に2人の間に入ったYAMATOがとりなす形でその場をどうにか収めた。

そしてYAMATOはCIMAを呼び出し、CIMAとミレニアルズを貶めるマイクを展開するとT-Hawkが登場。
http://battle-news.com/fight/index.php?QBlog-20140207-1
------------------------------------
 YAMATOと相対したT-Hawkは「ミレニアルズを潰す? 潰せるもんなら潰してみろよ! その代わり、この俺、T-Hawkは簡単には潰れないけどな」と反論。するとYAMATOは、T-Hawkと一騎打ちをやってやると上から目線で言い放つ。さらに「お前に俺の相手が務めるのか?」と小バカにするYAMATOに対し、逆水平チョップ一発で吹っ飛ばしてみせたT-Hawkは「俺がここに来たのはお前とシングルマッチをやるたに来たんだよ!」と吐き捨てる。
 逆水平チョップを返したYAMATOはT-Hawkからマイクを奪おうとするが、T-Hawkは頑なに渡さない。するとCIMAが「喧嘩はどんどんやったらいいんや。ある意味、ミレニアルズとMAD BLANKEYの頂上対決やな。やるなら普通の試合じゃないぞ、喧嘩だ。YAMATOの関節技とT-Hawkのジャベ。どちらも逃げられんようにノーロープマッチでやろうやないか!」と提案。
------------------------------------




その後、後楽園大会を締めたのはT-Hawk。
中々締め難い空気だったけれど、T-Hawkは立派に興行を締めてみせた。
T-Hawkはもうマイクも問題ないし、団体のトップを狙える位置まで上がってきたと思う。
そういう意味では次のYAMATO戦でしっかり結果を残せれば名実共にトップ6の仲間入りを果たしたと言えるかも。

そして久しぶりの来日になったリコシェ。
WWE入りを目指してトライアウトを受けたものの厳しかったようなので、またこれからはドラゲーマットで活躍してくれるということかな。
お帰りリコシェ&ウーハー!
さらにフラミータの再来日も決定してるようで、やはりいい外国人が揃うとドラゲーマットもさらに面白くなりますなー。

最後に、後楽園大会のX予想アンケートに多数の投票ありがとうございました。
今回は260の投票をいただき、その中で122件のコメントをいただきました。
また機会があればよろしくお願いいたしますm(_ _)m
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=126057






ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...