ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

POR対SAS(07-08 NBA)

今日はスマックダウンを見る前に、とりあえずNHK-BSのSA-PORを観戦。

両チームのスタメン

SA
パーカー、フィンリー、ボーエン、ダンカン、オベルト

POR
ジャック、ロイ、オルドリッジ、ウェブスター、プリジビラ

第1Q
とにかく、パーカーが初戦からキレてます。
相変わらずのペネトレイトの速さと、そのスピードで確率の高いレイアップを決めてるところがスゴイ。
序盤はPORも付いていってたけど、実力差があるんで、段々はなされていく。
大体、ベンチからジノビリ、バリーが出てくんねんもんな。
そんな中でスパーズのルーキーワシントンがパーカーと交代して出てきた。
スパーズのゲームプランの厚さはハンパじゃないらしいし、試合に出れるのは貴重な経験かも。
26-29スパーズリードで終了。


第2Q
そういえば、ブレイザーズの選手は初めて見る選手が多い。
オルドリッジはインサイドも、ペリメーターショットも決めることが出来て、将来オデンとフロントコート任せることができそう。
C・フライがいつの間にかニックスから来てるし。
ランドルフとのトレードだったのね。
まあ、ニックスからほしい選手といえば、フライとリーくらいやもんなぁ。
若い選手が多いんだが、その分TOも多い。
スパーズの方は面白くないくらいにTOしないもんな。
59-49でスパーズリードして前半終了。


第3Q
クォーター残り時間は6分くらいからのスタート。
オルドリッジの動きがイイ。
ファーストブレイクにもしっかりと走りこんできて、4点差まで縮める。
結局81-77の4点差スパーズリード。


第4Q
スパーズは開始早々フルコートプレス。
山王のお家芸だな。
ブレイザーズにちょっと希望を持たせておいて、一気に突き放す。
しかもベンチ中心のメンバーで。
この辺が王者の風格って感じ。
第4Q開始から3分で8点差にリードを広げる。
ここからブレイザーズもずるずる行ってしまうかと思いきや、5点差くらいで食らいついていってる。
まあそれも、スパーズの手のひらで踊らされてるイメージしか沸かないんだが。。。
残り2分で3点差まで追い詰めて、点差だけでいえば全然分からない展開なんだけど、スパーズが負ける雰囲気では少しもない。
ロイがボーエンに止められた後、パーカーがファーストブレイクで突き放して勝負アリ。
試合終了前に、オベルトがファウルアウト。
っていつファウルしてたん?ってくらい存在感なし。
試合も大分カットされてたしね。
最終スコアは106-97でスパーズが横綱相撲で勝利。


中心選手の最終スタッツ
SA
ダンカン 24ポイント 13リバウンド
パーカー 19ポイント 2アシスト
ジノビリ 16ポイント 8アシスト

POR
オルドリッジ 27ポイント 3リバウンド
ロイ 7ポイント 6アシスト

http://scores.espn.go.com/nba/boxscore?gameId=271030024

さ、次はスマックダウンだ。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...