ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ケンカマッチを制した戸澤がドリームゲート挑戦へ~9.16 東京・後楽園ホール~

試合結果はスポーツナビとバトルニュースから。
「戸澤がYAMATO粉砕! 10.13後楽園で望月に挑戦」(スポーツナビ)
「10.13鷹木vs.ブロディ、PACがブレイブ王座奪回」(スポーツナビ)
「ノーロープ・ノーDQの完全決着ルールでYAMATOを下した戸澤を、望月がDG王座の挑戦者に逆指名!
 CIMAは若手たちの中堅超えを煽る」(バトルニュース)

------------------------------------
9.16 東京・後楽園ホール

“ハリウッド”ストーカー市川 年内最終戦シリーズ~東京編~
“ハリウッド”ストーカー市川&○リッチ・市川(その場飛び450°スプラッシュ)ドン・フジイ&琴香×

望月成晃&Gamma(ガンマスペシャル)ブロディ・リー&Kzy×

○吉野正人&ドラゴン・キッド(ウルトラ・ウラカン・ラナ)神田裕之&土井成樹×

Blood Warriors 認定 オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
○PAC(360°シューティングスタープレス)谷嵜なおき×
 
○CIMA&リコシェ&堀口元気&斎藤了(メテオラ)横須賀享&新井健一郎&岩佐拓&K-ness.×

鷹木信悟&○KAGETORA(影縫)B×Bハルク&サイバー・コング×

ノーロープ・ノーDQマッチ
○戸澤陽(パッケージジャーマンスープレックス)YAMATO× 

------------------------------------
第1試合、スワンはリッチ・市川として全身白タイツで登場(笑)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/photo/201109/20110916103.html



第2試合終了後、八木さんはメインイベントのノーロープノーDQマッチにつき
「セコンドの介入は一切認めないぞ。
 セコンドが手を出したら即刻退場してもらう」(八木)




第3試合では吉野&キッド組が土井&神田組に勝利。
タッグの手応えを掴んだ吉野とキッドはCIMA&リコシェの持つツインゲートへの王座挑戦に意欲を示す。
これは府立第一で挑戦クルー?



第4試合に行われたBW認定ブレイブゲート選手権試合では、BWセコンドの介入に加えてカウント2ルールに苦戦したPACだったが、最後は360°シューティングスタープレスで勝利。
試合後にメタルウォリアーに扮した元気がPACにビーチブレイクを決めてブレイブゲート挑戦を宣言。
「谷嵜が負けた今、次の挑戦者はミスターブレイブゲートチャンピオンの堀口元気しかいないだろ。
 2カウントルールなんて必要ない。
 キッチリ3カウント取って、オレの腰に巻いてやるよ。」(元気)

------------------------------------
☆10月16日(日)大阪府立体育会館・第一競技場
“THE GATE OF DESTINY 2011”

【オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合】
《王者》PAC VS 《挑戦者》堀口元気

------------------------------------



第5試合で勝利したのは、やはり現役ツイン&ユナイテッドゲート王者CIMA&リコシェとマライサのBW。
試合後にCIMAは前回後楽園大会に引き続きクネスらを罵倒。
「オイ、ゴミクズ!
 俺ら試合したかな?
 まぁいいよ、享は置いておいて、K-ness.、岩佐、新井、これがいまのタッグのスペシャリストと生ゴミの違いじゃ!
 プロレスラーはな、目を見ればすべて分かるんや。
 お前ら3人、ホンマの地獄を見てこいや!
 琴香行っておくか?
 キャリアの違いはあるけど、お前が本気になればコイツら3人くらい喰えるんちゃうか?」(CIMA)


試合後のコメントでクネスカの2人は
「ハッキリ言ってオレは進むの足を引っ張ってるだけだし、クネスカのコンビとしては足手まとい。
 同じ力を持った2人のコンビとして肩を並べるまで享との距離を取らせてもらいたい。」(クネス)
「クネスが本調子でないことは俺もよく分かってる。
 クネスがそう言うなら、またクネスが元の力をつけて俺の横に戻ってきてくれることを待ってます。」(享)

と、クネスカタッグは一旦休止へ。
復帰して2試合目で結果を残せというのも難しいかもしれないが、今のドラゲーの選手数の多さを見ると下からの突き上げが厳しくなってきてるのも事実。
渡辺や小林、富永といったところがデビューして、さらにDGUSAからはリコシェやスワン、ブロディー・リーまで参戦してる以上、一つの興行に出られないレスラーも多く、悠長にクネスが本調子に戻るのを待つというのも難しいかもしれない。
クネスには昔の輝きを取り戻してほしいんだけどなぁ…。


メインイベントで行われたノーロープノーDQマッチはイスや机が出てくる展開となるが、最後はエプロンにパッケージジャーマンを決めた戸澤の勝利。
パッケージジャーマンを決めたエプロンキャンバスの下には鉄板が入っており、YAMATOは担架に乗せられて退場。
試合後、勝ち誇る戸澤に対してもっちーは
「おまえが日本に帰ってきた時に言った言葉、覚えてるか?
 オレがチャンピオンで世界中の笑いもんだって言ってたじゃないか。
 おまえがどうこう言うなら、ドリームゲート戦でおまえを次の挑戦者に逆指名してやるよ。」(もっちー)

そして次回後楽園ホールにてドリームゲート選手権試合が決定。
------------------------------------
☆10月13日(木)東京・後楽園ホール

【オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合】
《王者》望月成晃 VS 《挑戦者》戸澤陽

------------------------------------



さらにその後、CIMAが信悟に対してブロディー・リーとのシングルマッチを要求。
「おまえは本当にパワーファイターなのか。
 ブロディを持ち上げることができるのか。
 おまえがホンマのパワーファイターやったら、ブロディとのシングルマッチ、飲めるよな。」(CIMA)

それに対して信悟は
「デカいヤツと試合すると、自分の実力以上のパワーが出せる。
 いつでもやってやるよ。」(信悟)

とそれを受け入れる。
------------------------------------
☆10月13日(木)東京・後楽園ホール
【スペシャル・シングルマッチ】
 鷹木信悟 VS ブロディ・リー

------------------------------------
確かにドラゲーだと信悟より重量級のレスラーってサイバーくらいしか居ないからね。
武勇伝での関本戦でも刺激があったようだし、今年は活躍してるとは言いがたい信悟にとっていいきっかけになりますように。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...