ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

もっちー筋肉獣に屈せず王座防衛に成功~8.21 福岡・博多スターレーン~

試合結果はスポーツ報知から。
------------------------------------
8.21 福岡・博多スターレーン

Gamma&○KAGETORA(車懸り)谷嵜なおき&Kzy×

オープン・ザ・お笑いゲート選手権試合 ~“ハリウッド”ストーカー市川 博多年内最終戦~
○フジイ(チョークスラム)ストーカー市川×
※再試合
○フジイ(イナバウアージャーマン失敗から体固め)ストーカー市川×
※観客判定によりストーカー市川が王座奪取

神田裕之&○斎藤了(ダブルクロス)横須賀享&琴香×

○CIMA&土井成樹&堀口元気(メテオラ)吉野正人&ドラゴン・キッド&リッチ・スワン×

鷹木信悟&○YAMATO(レフェリーストップ)B×Bハルク&戸澤陽×
※スリーパーホールドにより

オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
○望月成晃(真・最強ハイキック)サイバー・コング ×
※第13代王者が4度目の防衛に成功

------------------------------------
セミファイナルで行われた新世代4人によるタッグマッチはYAMATOがスリーパーホールドで戸澤をレフェリーストップに追い込んだ。
試合後にYAMATOがハサミを持ち込み戸澤のヒゲを剃ろうとするが、これはハルクがファーストフラッシュでカット。
そして逆にハサミでYAMATOの髪の毛を切ろうとしたハルクだったが、カットに入った信悟にハサミを奪われてしまうと、信悟に髪の毛を切られてしまう。


メインはもっちーがサイバーを下しドリームゲート王座防衛に成功。
試合後にもっちーがBWに新たな挑戦者を求めたところ、CIMA・斎了・土井・戸澤・ハルクが襲いかかる。
それに対してJⅢも吉野・YAMATO・信悟・キッドが応戦。
その結果、八木本部長は次回博多大会において、JⅢ5人対BW5人の綱引きマッチを決定。
------------------------------------
★10月9日(日)博多スターレーン大会 決定分カード

【Blood Warriors VS JUNCTION THREE 綱引きマッチ 5vs5シングル全面対抗戦】
《Blood Warriors メンバー》
 CIMA、土井成樹、斎藤了、B×Bハルク、戸澤陽
《JUNCTION THREE メンバー》
 望月成晃、吉野正人、鷹木信悟、YAMATO、ドラゴン・キッド

※両軍の上記選抜選手が5本のロープを引き合い、それぞれ対戦相手を決定。シングルマッチでの5番勝負を行う。

------------------------------------
これは組み合わせによっては、かなり魅力的なカードを一日でたくさん見ることが出来そう。
CIMA絡みなら誰とぶつかっても過去に好勝負を展開してきた5人だし、土井吉対決や信悟対ハルクといった今までに因縁を積み重ねてきた顔合わせもある一方、吉野対ハルクやYAMATO対斎了というようなこれまであまりぶつかってこなかった顔合わせの試合でも面白そう。
タイトルマッチではないとはいえ、また博多見に行きたいなぁ…。



また、本日バトラーツの澤宗紀が引退を表明。
「澤宗紀が引退を表明! 所属団体であるバトラーツ解散を機に~32歳での引退を惜しむ声多数」(カクトウログさん)
澤は武勇伝を中心にドラゴンゲート本隊の興行に出場することもありました。
来月7日と8日に行われる武勇伝・復には初日はランジェリー武藤として、2日目は中嶋勝彦&フジタ“Jr”ハヤトと組んでメインに登場。
いいレスラーなだけに残念ではありますが、こればかりは本人の決断を尊重するしかないですね。
武勇伝を見に行かれる方は是非いつも以上の声援を。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...