ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

2007年 グレート・アメリカン・バッシュ

暑い。
昨日は神戸を歩き回って疲れた。
ちなみに今日はSITE-KOBEでドラゲー。
さすがにリョウスカのサイン会はパス。
家から直行でSITE-KOBEに向かうことにする。
神戸で見るものは昨日終わらせたし。
さてグレートアメリカンバッシュ。
マット対MVPのUS王座戦
試合序盤は腕の取り合いから。
今大会で一番マトモな試合になりそうな試合だけに、
力比べをしながら頭突きをかましあう姿は中々面白い。
MVPはドロップトーホールドから、顔面へのブート、そして羽根折り固めへ入るなど多彩なムーブを見せる。
マットはコーナートップに上がるものの、MVPがスーパープレックスを決める。
その後MVPのコーナートップからのバックドロップは、マットが体勢を入れ替える。
マットはブルドッグをかわされるが、セカンドロープからのブルドッグに切り替える。
そのままセカンドロープからのレッグドロップからツイストオブフェイトをマットは狙うが、かわしたMVPはプレイメーカーを狙う。
しかしマットはそれをかわしてサイドエフェクト!
一進一退の攻防で中々白熱してきた!
最後はMVPがコーナーへのブートからプレイメーカーで勝利。
フィニッシュのプレイメーカーはキレイに決まらなかったものの、マットの頑張りは見事。


クルーザー級オープン戦
ヤン対シャノン対フナキ対ノーブル対チャボ
最初にフォールまたはタップを奪ったレスラーの勝ちというルール。
試合では昔ランス・ストームがしてたような入り方からの逆片エビ固めをヤンに決める。
終盤チャボがフナキに決めたゴーリーボムはヤンがカット。
ヤンのムーンサルトはノーブルがカット。
チャボがヤンにスーパープレックスを決めようとしたところに、ノーブルがチャボを肩車の状態に抱えてエレキトリックチェア。
最後はホーンスワグルが出てきて、オタマジャクシスプラッシュでノーブルからピン。
なんと王者はホーンスワグル!
試合開始前にちょこっと出てきてたけど、まさか王座獲得するとは思えんかったな~。
でも試合は中々面白かった。
チャボのゴーリーボムがカットされてヤンのムーンサルトが決まったときはヤンが王座獲得か?と思ってんけど。


サンドマン対カリートの竹刀争奪戦
サンドマンのサンドマンによるサンドマンのための試合って感じ。
竹刀を取ったら勝ちではなく、竹刀を使えるってこと?
試合はカリートのペースで進むが、サンドマンも何とか粘る。
ってそんなに大した攻防はしてないんだが。。。
サンドマンはカリートのスプリングボードエルボーをかわして竹刀をゲット。
しかし一撃は空振りで終わり、バックスタバーであっさり3カウント。
なんの試合だったんだ。。。


メリーナ対キャンディスのWWE女子王座戦
試合は確かにキャンディス頑張ってるとは思うけど、やっぱり王者はメリーナにしておくべきでしょ。
最後はキャンディスがアンプリティアーの体勢からブルドッグという中々分かりにくい技で勝利。
キャンディスの衣装からTが見えてるのはいいけど。


マットとジェフのスキット
"いいか試合は集中力を切らすなよ。オレは集中力を切らしてしまった。"
というハナシをしてるところに、キャンディスが登場してセクシーポーズを披露。
あまりにもバカらしいスキットやけど、マットの表情がいい!
最後はシモンズの"Damn!"


ウマガ対ジェフのIC王座戦
試合は殆どウマガのペースながら、後半になってようやくジェフが反撃。
DDTからウィスパーインザーウィンドを決め、スワントーンを決めるがウマガはカウント2で返す。
最後はトラースキックからのサモアンスパイクでウマガの完勝。
ジェフ相手の試合でスワントーンをあっさりキックアウトしてしまうと、IC王座にとどまる理由はこれっぽっちもないわけで、RAWのトップ戦線に行くか、スマックダウンに移籍させてもいいと思うけど。
ベストはスマックダウン移籍かな。


ジョン・モリソン対CMパンクのECW王座戦
試合ではモリソンがパンクのモンキーフリップで一回転して顔から落ちる。
そして場外に逃げるが、追いかけてきたパンクがモリソンを連れて鉄階段を上がろうとしたときに、モリソンはパンクの足を払い顔を鉄階段で打つパンク。
何気に今までの試合の中で一番痛そうな技だ。
その後は一進一退の攻防を見せるが、パンクがコーナーへのヒザからブルドッグの体勢に入ったところでモリソンが試合を放棄。
花道を引き上げようとするモリソンを強引にリング内に戻すパンク。
そしてスワンダイブでモリソンに向かっていったところをキックで迎撃されるパンク。
そしてそのまま3カウント。
蹴られた箇所がまずかったかもしれないけど、それまでが中々好試合だっただけにあっけなさ過ぎる結末が残念。


ローデス対オートンのテキサスブルロープマッチ
試合は両方とも役者やな~と思わせる立ち上がり。
しかしオートンがローデスのヒザへカウベル攻撃を決めてからは一方的なオートンペース。
ローデスもバイオニックエルボーを決めるも、最後はカウベルで頭を殴られたローデスが3カウントを取られる。
試合後頭を蹴り上げようとするオートンに対して、コーディが身を挺して守る。
なぜオートンが思いとどまったのかは不思議やわ。
コーディもろとも蹴り上げてほしかったけど。
最低でもコーディに対してRKOは見舞うべき。


ケイン対バティスタ対カリの世界ヘビー級王座戦
試合は殆どカリ対バティスタ&ケインのハンディキャップ戦になる。
場外に出て、ケインとバティスタがダブルのチョークスラムかスパインバスターでカリをテーブル葬。
これでカリは一旦お休み。
ケインはバティスタにダイビングクロスラインを決めてからチョークスラムの体勢に入るが、脇から出てきたカリをチョークスラム。
これはバティスタがカットに入るものの、次はバティスタがカリに対してスパインバスター。
これはしっかり持ち上げてたし、高さはなかったもののバティスタ頑張ったんちゃうの。
その後イスを持ち出したケインに対してバティスタがスパインバスターからバティスタボム。
しかしカリがカウントをする前にカットに入る。。。
せめてカウント2まで待てよ。
最後はケインをネックハンギングボムで沈めてカリの王座防衛。


ブッカー登場
"WWEのキングはただ一人キングブッカーだけだ。"
"ジェローム、オマエに用がある。"
"先週の暴行に関して処罰を下す。"
"リングに上がって、お前の王冠をオレの足元に置くんだ。"
"ブッカー、王冠がほしいなら取りに来いや。"
"ジェローム。残念だがオマエを反逆罪とみなす。"
会話の意味がわかんねぇ。
つまりHHHのサマスラでの復帰戦の相手はブッカーってこと。


ラシュリー対シナのWWE王座戦
ラシュリーの入場曲がプチ変化。
歌詞がついた。
試合自体はさすがにグラウンドの攻防だと、アマレス仕込のラシュリーが上手。
ラシュリーはスープレックス系の技は確かに上手いけど、ポンポン出し過ぎな気がする。
何か試合を焦っているようにも見えるので、挑戦者としえtの試合ならいいけど、これが王者としての試合であれば長続きはしないかも。
シナは5ナックルシャッフルからFUを狙うもラシュリーは逆にパワースラムを決める。
ラシュリーはトーチャーラックバックブリーカーからドミネーターを決めようとしたところで、シナがいきなりのFU。
フォールに入るまでの時間があったため、ラシュリーはカウント2でキックアウト。
ラシュリーはコーナーへ向かってくるシナをクロスラインで迎撃した後、スピアーの体勢に入る。
シナが立ち上がったところにスピアーを狙うが、シナはこれをかわしてSTF-U。
何とかロープに逃げたラシュリーは、シナにカウンターのスピアー!
しかしシナもカウント2で何とか返す。
ここで観客からはシナコールが起こる。
ラシュリーはコーナートップにシナを据えるが、シナはラシュリーを抱えあげてコーナートップからのFUでラシュリーから3カウントを奪う。
終盤の攻防は文句なしに面白かったけど、フィニッシュはSTF-Uでよかったんちゃうかな~。
雪崩式のFUはあんまり説得力がなかったし。
コーナートップから落としただけのようにも見えるもんな。



総括してみると、セミがちょっときつい。
当初の予想通り荒い試合になってしまってたし。
試合の順位は
第1位 マット対MVPのUS王座戦
第2位 ウマガ対ジェフのIC王座戦
第3位  ラシュリー対シナのWWE王座戦
だな。
IC王座戦とUS王座戦はどっちも面白い試合を見せてた。
しかしマット対MVPはまだサマスラで試合してもいいやろうけど、ウマガ対ジェフはウマガの強さが際立ってたからサマスラではウマガがどのポジションで試合をするのか。
RAWの中でも強さは際立ってるし、ヒールながら声援ももらうようになってるし、スマックダウンのトップに据えるのは面白いと思うねんけどな。
問題は女子王座。
キャンディスをプッシュして、いずれはトリッシュのような立場にしたいんやろうけど、まだ王者はメリーナかミッキーにしておくべき。
早めの王座獲得は、あまりいい結果を生み出さないのは日本でもアメリカでも同じなんだけどね。


さ、今から着替えてSITE-KOBEに行くか。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...