ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

KAMIKAZE第6の男~5.5 愛知・愛知県体育館 DEAD or ALIVE~

愛知県体育館大会から一夜明けて今日は昨日のまとめを。
試合結果は週プロモバイルとスポーツナビから。
「YAMATO、盟友・鷹木下し防衛V2! KAMIKAZEの絆も復活」(スポーツナビ)
試合詳細は昨日のドラゲー速報をどうぞ。
------------------------------------
5.5 愛知・愛知県体育館~DEAD or ALIVE~

○シーサー(キャメルクラッチ)苫小牧×

○享&クネス(ジャンボの勝ち!)NOSAWA論外&MASAZA×

○サイバー(投げっぱなしパワーボム)戸澤×

オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
○タイガースマスク(悪魔組曲ニ短調)キッド×
※第18代王者が初防衛に成功

オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
菅原&○神田&Kzy(腕にチェーンを巻いてのダイビングエルボードロップ)曙&もっちー&フジイ×
※第25代王者が4度目の防衛に失敗

WORLD-1 vs WARRIORS 全面対抗・なにわ式イリミネーションマッチ
《WORLD-1》     
土井成樹&吉野正人&B×Bハルク&谷嵜なおき
《WARRIORS》
CIMA&Gamma&堀口元気&斎藤了
×土井(ジャックナイフ式エビ固め)元気○
○谷嵜(インプラント)元気×
×谷嵜(メテオラ)CIMA○
○ハルク(EVO)斎了×
×ハルク(オーバー・ザ・トップロープ)Gamma○
○吉野(変形エビ固め)Gamma×
○吉野(雪崩式ライトニングスパイラル)CIMA×
※吉野の一人残りでWORLD-1の勝利

オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
○YAMATO(腕ひしぎ逆十字固めによりレフェリーストップ)信悟×
※第11代王者が2度目の防衛に成功

------------------------------------
第1試合では新人の苫小牧が早速ビッグマッチで試合を行った。
当然、テクニックではシーサーに劣るものの随所に苫小牧がパワーを見せた試合。
新人らしく技らしい技は出さなかったものの、逆水平チョップ一つで最低限の見せ場は作れた。
PPVでの試合が組まれたということで会社の期待も大きいんだろね。
是非このまま育っていって欲しいところ。


第4試合に組まれたのは大阪プロレスとの対抗戦であるブレイブゲート選手権試合。
ケガをした左足首の影響からか、ジーザスを2度も失敗するなど普段では見ることが出来ない姿を見せたキッド。
次の挑戦者はバックステージでシーサーに決定したらしい。
詳細は大阪プロレス公式サイトから。
「5月8日対戦カード変更のお知らせ」(大阪プロレス公式サイト)
------------------------------------
5月8日(土)18:00開始 大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ

(5)オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合時間無制限1本勝負
<王者>タイガースマスク vs スペル・シーサー<挑戦者>

------------------------------------


前半戦のメインとなったトライアングルゲート選手権試合。
結果はDDが勝利してトライアングルゲート王座を奪取。
ただ反則OKの試合にしては、もっちーがボクシンググローブを使った以外はあまり王者チームに凶器・反則攻撃はなかったんだよね。
ノーDQなら蛍光灯や画鋲とは言わないものの、ハシゴとかテーブルが出てくる展開を期待してたんだけどなぁ。
新王者となったDDは、前回の博多スターレーン大会で挑戦権を獲得したWARRIORSとのタイトルマッチが次回後楽園ホール大会にて早速組まれた。


セミファイナルのなにわ式イリミネーションマッチは、結果的にWORLD-1の勝利。
ただ速報にも書いたけどWORLD-1が勝ったというよりは、吉野が勝ったという感じ。
吉野はこれでCIMAに二連勝。
しかも丸め込みの勝利ではなく、ソル・ナシエンテでのギブアップ勝ちと、雪崩式ライトニングスパイラルのピンフォール勝ち。
ワールドでのドリームゲート戦が見えてきたか?
吉野の試合後のコメントでもドリーム挑戦を匂わせてる。
「オレの勢いはまだまだ止まらへんぞ。
 それからなに?今日のメインのKAMIKAZE対決。
 勝った方に望月が挑戦するらしいやんけ。
 そんなのオレにとってはどうでもええことなんや。
 雪崩式のスパイラルを解禁したからよ。
 オレにも考えがあるぞ。」(吉野)

ちなみにCIMAとGammaは、試合後に愛プロレス博に出場してクボタブラザースから勝利。
CIMAは吉野とあれだけの試合をしながらダブルヘッダーとは凄い…。


メインはYAMATOと信悟の30分越えのロングマッチの結果、YAMATOがレフェリーストップで勝利。
試合自体はゴツゴツした信悟とYAMATOらしい、いわゆるドラゲーらしくない試合。
そしてKAMIKAZE同士のいがみ合いは、試合後に岩佐が出てきて結果的には丸く収まった。
これでKAMIKAZEはYAMATO・信悟・サイバー・KAGETORA・戸澤・岩佐の6人となり、戦力的にはドラゲー随一かな。


そして昨日の深夜にDGUSAから帰ってきての5.13後楽園ホール大会の全カードが決定。
ブレイブを除く3大王座戦が組まれると言うビッグマッチ並のカードなんだが…。
そういえば、お笑いゲートって菊タローが持ったままだよなぁ。
アレって誰か取り返さないの?
あの試合が始まる前に菊地さんが言う、「さぁみんな!オープン・ザ・お笑いゲートが始まるよ!」が好きだったんだけど…。
------------------------------------
☆5月13日(木)東京・後楽園ホール

1)PAC     斎藤了
  吉野正人 VS ドラゴン・キッド
  土井成樹    ドン・フジイ

2)橋誠(フリー) VS 新井健一郎

3)B×Bハルク VS KAGETORA

4)オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
《王者組》     《挑戦者組》
Kzy       堀口元気
菅原拓也  VS  Gamma
神田裕之      CIMA

5)オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
《王者組》       《挑戦者組》
サイバー・コング    K-ness.
鷹木信悟     VS 横須賀享

6)オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
《王者》YAMATO VS 《挑戦者》望月成晃

------------------------------------




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...