ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

なにはともあれ、お帰り斎了!~4.25 福岡・博多スターレーン~

試合結果は週プロモバイルから。
------------------------------------
4.25 福岡・博多スターレーン

○フジイ(トライアングルスコーピオン)琴香×

○シーサー(ヨシタニック)めんたい☆キッド×

もっちー&○キッド(バイブル)土井&谷嵜×

オープン・ザ・トライアングルゲート王座次期挑戦者チーム決定戦
CIMA&○元気&Gamma(バックスライド・フロム・ヘブン)YAMATO&戸澤&KAGETORA×

2vs4 ハンディキャップ・イリミネーションマッチ
享&クネス 対 菅原&神田&アラケン&Kzy
○享(ジャンボの勝ち!)アラケン×
×クネス(韻波句徒)Kzy○
○享(夢限)神田×
○享(ジャンボの勝ち!)Kzy×
○享(横須賀ライナー)菅原×
※享の一人残りでクネスカの勝ち

オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
○信悟&サイバー(MADE IN JAPAN)吉野&ハルク×
※第11代王者が1度目の防衛に成功

------------------------------------
第3試合後にもっちーとフジイさんが大阪プロレスとの対抗戦に向けてコメント。
「ケンカどころじゃなく潰すだけだから。
 潰すといえばモチフジ。
 同じ団体の若手も潰すから。俺ら」(もっちー)
「根性あるヤツいたら名乗り上げて来いって。」(フジイ)



第4試合では、元気がKAGETORAから勝利してWARRIORSが次期トライアングルゲート挑戦者となる。
その試合後に元気が欠場中の斎了を呼び込む。
斎了はCIMA、Gamma、元気と握手をかわすが、キッドのことは忘れてしまった様子(笑)
その後元気は斎了をWARRIORSに加入させようとするが、
「やり残したことがあるような気がしたんでごめんなさい。」(斎了)
と加入することなくリングを去る。


セミファイナルで行われたクネスカ対DDのハンディキャップマッチ。
享が菅原と1対1の状況となるも、DDの反則攻撃に押されている中で斎了が登場しクネスカに加勢。
そして最後は享が横須賀ライナーで菅原を下して勝利。
試合後に斎了を凹るDD。
そこへ救援にかけつけたのはWARRIORS。
どうやら斎了のやり残したことと言うのは享とのタッグ再結成だったらしい。
しかし享はその申し出を拒否。
残された斎了は
「わけがわからないから、WARRIORSでやっていきましょう。」(斎了)
とWARRIORS加入が決定。


メインでは信悟&サイバー組が吉ハル組を下して初防衛に成功。
試合後にクネスカが挑戦をアピール。
そして吉ハル組の退場時にDDが襲い掛かったとか。
これで菅原と吉野に因縁が勃発した模様。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...