ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。
[358] [357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348]

欠場期間が気になってたCIMAは、次の後楽園にはお笑いマッチとはいえ試合が組まれてるね。
昨日からはアメリカに飛んでるし、ホントにこの人は休まへんなぁ。
ファンとしては、数ヶ月欠場してでもしっかりと治してきてほしいねんけどね。

そしてみちのくプロレスの15周年後楽園ホール大会のカードで、CIMAともっちーの名前が。
以下みちのくのオフィシャルサイトから転記。
---------------------------
~15周年スペシャル8人タッグ~ 初対決!最強ヒール軍団対決!!
<SASUKE組>
SASUKE & サスケ・ザ・グレート & CIMA(DRAGON GATE) & 望月成晃(DRAGON GATE)
                            vs
<海援隊☆DX>
ディック東郷 & Men’sテイオー(大日本プロレス) & 獅龍(全日本プロレス) &  X
---------------------------

海援隊組のXが少し気になる。
普通に考えればTAKAなんだろうけど、わざわざXにしてるってことはフナキさん?
そして、この興行ではエルドラド組とCIMA・もっちーが再会。

---------------------------
正規軍 vs 九龍
<正規軍>
義経 & 景虎 & ラッセ & 南野タケシ & 精霊 
                  vs
<九龍>
フジタ“Jr”ハヤト & 佐藤秀 & 佐藤恵 & ken45°&大間まぐ狼
---------------------------
ハヤト以外は全員闘龍門出身。
ミニ・クレイジーMAXが勢揃い。


+ + + + + + + + + +


月・火にドラゲー・エルドラドと連続だったから、WWEを見ないと溜まってきてる。。。
というわけで、今日はRAW。
今週のRAWはUK興行。
最初に登場してくるのはHBK。
ここ数週間と同じような事を言ってると、Woooo!からフレアーの音楽が鳴る。
でも出て来たのはY2J。
フレアーの引退について、ブレット・ハートやジャネッティまで絡めてHBKを挑発する。
さらにHBKを挑発するY2Jに対してHBKはスイートチンミュージック!
フレアーの引退を引っ張り続けんのもなんかいい気がしないな。
エディの死を絡めたレイとチャボとヴィッキーのストーリーは最低だったと思うけど、フレアーの引退でのストーリーはバックラッシュで終わらせようね。


来週のRAWではキングオブザリングが行われるみたい。
前回の勝者はキング・ブッカーだもんな。
大分昔のように思われるわぁ。


カリート&マレラ対ロンドン&ケンドリックのタッグ王座挑戦者決定戦
試合はカリートがバックスタバーでロンドンからピン。
試合後には息が合ってるのか、合ってないのか微妙なマイクアピール。
これはタッグ王座取っちゃうでしょ。
ハードコア&コーディ組が持ってるよりは面白くなるだろうけど。


ミッキー対ベスのWWE女子王座戦
試合は終始リードされてたミッキーが、ベスを前方回転式のエビ固めに丸め込んで勝利!
この2人だと安心して試合見れるな~。


GMルームでオートン戦に向けてストレッチをしているリーガル卿のところへ登場したジェリコ
"さっきのHBKのキック見たかよ?今度のWWE王座戦をフェイタル4wayにするなら、バティスタ対HBKにオレを加えて3wayにしてくれよ。"(Y2J)
"分かった。加えてやろう。但しレフェリーとしてな。"(リーガル卿)
"何でレフェリーなんだよ?オレは戦いたいんだ。"(Y2J)
"じゃあ今夜ウマガと試合するんだ。IC王座を賭けてな。"(リーガル卿)


JTG対マードック
試合前にケイドがマードックを励ましてるシーンが流れる。
えーっと、何かやってましたっけ?
先週のRAWのブログを見てみたら仲間割れをしてたみたいだな。
それを覚えてる人が何人いるんだろう?
と書いてる間に試合はJTGがマードックのボディプレスを逆に丸め込んで勝利。
試合後マードックの肩を叩いて励ますケイド。
来週まで覚えてるかなぁ。


リーガル卿対オートン
今日のリーガルの入場曲は英国仕様に変更。
序盤のグラウンドといい、各種スープレックスを繰り出すリーガル卿はかっこいい。
しかし、足と首を決めたリーガル卿のバックドロップはかなりヤバイ角度で落ちたけどオートン大丈夫なんか?
その後も試合が続くが、最後は電光石火のRKOでオートンが勝利。
それより首は。。。


ウマガ対Y2JのIC王座戦
試合は当然の如くパワーに勝るウマガペース。
ジェリコはコーナーへのケツスプラッシュをかわして後頭部へのダイビングエルボーで反撃開始。
しかしウマガもウォールオブジェリコを耐えると突進してきたジェリコに対してサモアンドロップ。
最後はコーナーへ誤爆したウマガをロープ悪用のスクールボーイで丸め込んでピン。


バーチル対ハクソー
イギリス出身のバーチルと"U・S・A!"のハクソー。
普通ならバーチルに歓声が飛ぶかと思うんだが・・・。
試合はあっという間にサーフボードからの踏みつけで勝利。


HHH対JBL
HHHの水吹きシーンの直前という前代未聞のタイミングで入場してきたJBL。
試合は、JBLを場外に落としたHHHが場外へ追いかけ、場外戦を展開しているところへオートン乱入。
HHHはリング上でオートンにスパインバスターを決めるが、ペディグリーの体勢に入ったところでJBLのブートが炸裂。
その後2人でHHHをボコり、オートンはHHHに対してRKO。
JBLはHHHの頭を持ち上げオートンにサッカーボールキックを指示。
オートンがサッカーボールキックの助走に入ったところで、JBLはカウンターのクロスラインフロムヘルをオートンに決める。
このクロスラインはまさに迫力満点!
続いてJBLはHHHに対してもクロスラインフロムヘルを決め、ベルトを高々と掲げるJBL。
あれシナは???
今週出番ナシ?


そういえばレッスルマニア前のRAWからケネディの姿をとんと見ない。
MITBに出てたからケガってわけじゃないみたいだけど、何かしでかしたか??







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
XはTAKAがいいですね。TAKAとCIMAの抗争はみちのくの歴史を語るのには外せません。パスポートを燃やしたり、前髪を切ったり、熱くなった観客にビンを投げつけられて大流血したりで若さゆえの大暴走って感じでした。
ドラゲーのリングでも対戦は実現しましたがやっぱり二人のストーリーの原点はみちのくですからね。
僕はみちのくのリングで大暴れするクレイジーMAXに衝撃を受け、闘龍門の日本上陸興行のマグナムのダンスにバカウケして以来ずっと闘龍門・ドラゲーを追い続けています。管理人さんはどうして闘龍門にハマったんですか?
とよはし 2008/05/07(Wed) 編集
無題
こんにちは

海援隊なんで普通に考えたらTAKAですよね。
ただWWEファンとしては、フナキさんとCIMAの絡みってのも見たいところです。

とよはしさんは、かなり闘龍門歴長いですね~。
私が闘龍門を見始めたのは1回目の金網位です。
GAORAを見てたら、ちょうどバモアミを放送してたって感じで。
今みたいに興行を見に行くようになったのは、2003年くらいからなんでそんなに昔からってワケでも無いんですよ。
元々はWWE好きでしたから。

ハマった理由はなんだろな・・・。
やっぱりきっかけはキッドの空中技ですかね。
初めてデジャヴを見たときは衝撃を受けましたよ。
それに神戸が地元の団体ってのもファンになるきっかけではありました。
ペイタン URL 2008/05/08(Thu) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 8
9 14 15
16 17 20
24 28 29
30 31
アンケート
twitter
ドラゴンゲートブログ更新通知bot
リンク
amazon.co.jp
amazon.co.jp
googleadsense
プロフィール
HN:
ペイタン
性別:
男性
自己紹介:
このブログはドラゴンゲートメインのプロレス観戦記ブログになります。
ドラゲー以外の団体はWWEや新日本等も観戦しますが、ブログで観戦記を更新することは基本的にないと思います。

管理人への要望や苦情はメール、またはtwitterからどうぞ。
twitterアカウントは@dragatelivevol1です。
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
googlesitemap
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
最新コメント
[07/27 あむ]
[07/27 B×B YOU-JI]
[07/27 kamon]
[07/26 漆黒の翼]
[07/26 NONAME]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ドラゲーライヴ Vol.1 All Rights Reserved
/