ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。
[433] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426] [425] [424] [423]
暑過ぎる・・・。
こんな日は家に引きこもるのが一番楽なんだけど、こういう時に限ってネットの調子が悪く、昨日はほとんど1日中ネットに接続できず。
というわけで、ヴェンジャンスから名前の変わったナイト・オブ・チャンピオンズをアップ。

+ + + + + + + + + +


ミズ&モリソン対フィンレー&ホーンスワグルのWWEタッグ王座戦
試合は、フィンレー組がモリソンに対しケルティッククロスからのオタマジャクシスプラッシュを狙うが、ミズがフィンレーを排除して、残されたホーンスワグルをモリソンがデッドリードライブでコーナーから落とすとそのままフォールして勝利。


マット対チャボのUS王座戦
試合は、チャボがニーリーを巻き込んでマットの左ヒザを攻め立てるが、最後はスリーアミーゴスをツイストオブフェイトで切り返してマットの勝利。


ケイン対ビッグショー対ヘンリーのECW王座戦
試合開始後、ケインがビッグショーによってリング外に落とされる。
そこにヘンリーが寄っていくにも関わらず、ケインは立ち上がることが出来ない。
その後ヘンリーは手持ち無沙汰のままリング内へ戻り、ケインの元にはドクターが駆けつける。
どうやらガチケガっぽい?
その後ケインはリングに戻ることができ、ビッグショーと共にヘンリーをダブルチョークスラムで撃退。
ケインはビッグショーのチョークスラムをカウント2で返すと、コーナーへ上ったビッグショーをブレーンバスターでリングに叩きつける。
そこへ復活してきたヘンリーがケインにスプラッシュを決めて勝利。
ヘンリーは王座獲得経験は初めて?
しかし、ケインがRAWに行ったと思えば、今度はヘンリーか。
ECWのメンツではケイン以上に相手が居なくなったような気がするんだが・・・。


バティスタとシナが王座を取り戻すとか話してるところに、パンクが登場。
パンクはカバンを持ってる事をアピール。
今後のRAWはこの3人プラスオートン中心で回っていくんだろね。


ハードコア&コーディ対デビアスJr&Xの世界タッグ王座戦
デビアスのパートナーは会場入りが遅れてて、10分ほどで来るらしい。
なので1対2の状況で試合開始。
試合開始直後にコーディがハードコアの背後から襲いかかりDDTを決める。
最後はデビアスがミリオンダラーバスターで勝利。
新王者はデビアス&コーディ。
観客ポカーンだな。
てっきりロン・キリングスを連れてくると思ってしまった時間を返せw


Y2J対キングストンのIC王座戦
ジェリコの相手はいつの間にかRAWへ移籍したキングストン。
ジェリコのセコンドにはケイドが付く。
試合はジェリコがライオンサルトからのウォールオブジェリコを決めたところに、HBKが観客席から登場。
HBKはケイドにスイートチンを決めてエプロンに上がる。
ジェリコはHBKを排除するも、その隙をついてキングストンがジャマイカンバズソーキックを決めて勝利。
キングストンが新IC王者に。


ミッキー対ケイティの女子王座戦
試合はケイティがミッキーの左肩を集中的に攻撃し、コーナーへ叩きつけたりワキ固めで攻め込むなどディーバらしからぬ動きを見せる。
しかし最後はミッキーがDDTで勝利。


バティスタ対エッジの世界ヘビー級王座戦
試合は終盤にヴィッキー達がリングサイドに入ってくる。
そして、バティスタがエッジのスピアーを外してスパインバスターを決めると、ヴィッキーがレフェリーの足を引っ張って妨害。
バティスタはエッジのスピアーを再度かわすと場外にエッジを叩き落す。
立ち上がれないエッジに対して絶叫するヴィッキー。
まあ、エッジは寝てればリングアウト負けで王座防衛って事になるんだけど。
立ち上がったエッジがレフェリーを殴ったことにより、ヴィッキーが新レフェリーを呼び込む。
新レフェリーはチャボ。
怒ったバティスタはヴィッキーをリング内へ入れ、リフトアップすると場外へ放り出す。
ヴィッキーはファミリー総出でナイスキャッチ。
最後はバティスタが振り返ったところにエッジがベルトで一撃して勝利。
世界ヘビー級王座はエッジ防衛。


シナ対HHHのWWE王座戦
試合は前半は一進一退の攻防。
中盤に入り、HHHがシナの5ナックルシャッフルをカウンターのハイニーで迎撃してスパインバスターを決める。
そしてペディグリーを仕掛けるが、これはシナにかわされると、そのままHHHはアイリッシュウィップでコーナーに振られると、いつものように場外に向けて落下して着地したところで左ヒザを痛めた様子。
するとシナはチョップブロックやニークラッシャーというネイチばりの攻めでヒザを集中攻撃。
HHHはシナのSTF-Uをロープに逃げると、FUをかわしてペディグリーを決めるが、ヒザの痛みがありフォールに行くのが遅れてカウントは2。
その後シナとHHHの殴り合いでは、シナには"Boo!"、HHHには"Yeah!"コールが鳴り響く。
殴り合いの後、シナはレッスルマニアのようにHHHのペディグリーをSTF-Uに切り返す。
HHHはロープに逃げるが、シナはHHHをリング中央に戻し再度STF-Uの体勢に入るが、HHHはクロスフェイスに切り返す!
しかしシナは何とクロスフェイスの体勢のままHHHを担ぎ上げFUを仕掛けるが、HHHは技を解いてすかさずペディグリーを決め3カウントを奪う。


さてナイトオブチャンピオンズの総括。
順位は
第1位 HHH対シナのWWE王座戦
第2位 エッジ対バティスタの世界ヘビー級王座戦
第3位 ケイン対ビッグショー対ヘンリーのECW王座戦
かな。

メインイベントは文句なしに一番面白かったけど、セミファイナルも負けず劣らずの熱戦。
結果は意外にもエッジとHHHが揃って王座防衛ということになって、ベルトは両方ともスマックダウン。
今後のRAWはグレートアメリカンバッシュでの王座挑戦権を賭けてシナとバティスタで抗争を開始させていくんかね。
そこにパンクやJBLがどんな形で絡んでくるかは楽しみだけど、今後のIC王座はどうなるかなぁ。
今のところではタッグ王座がヒールのデビアス&コーディだけに、カリートはマレラとのタッグを解消して、IC王座に挑戦してしまえばいいように思うけどキングストンの戴冠はまだ早いのでは?
ところでディーバ王座はどうなった?







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 8
9 14 15
16 17 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
ドラゴンゲートブログ更新通知bot
リンク
amazon.co.jp
amazon.co.jp
googleadsense
プロフィール
HN:
ペイタン
性別:
男性
自己紹介:
このブログはドラゴンゲートメインのプロレス観戦記ブログになります。
ドラゲー以外の団体はWWEや新日本等も観戦しますが、ブログで観戦記を更新することは基本的にないと思います。

管理人への要望や苦情はメール、またはtwitterからどうぞ。
twitterアカウントは@dragatelivevol1です。
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
googlesitemap
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
最新コメント
[07/22 Robin]
[07/22 ペイタン]
[07/22 モチコ]
[07/22 円石ちゃん]
[07/21 ペイタン]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ドラゲーライヴ Vol.1 All Rights Reserved
/