ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。
[331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321]

土曜日のドラゲー名古屋大会では、予想を越えた動きがありましたな。
吉野-神田・ハルク-YAMATOに亀裂が走るとは思ってたけど、まさかCIMA-キッドも仲違いしてしまうとは意外。
5月の愛知県体育館での金網戦と、博多でのCIMA対斎了のドリームゲート戦、名古屋テレピアでの吉野対王子のブレイブ戦が決定。
大田区で終わらなかったユニット再編も、このペースだと神戸ワールドまで引っ張りそう。

あ、昨日の内に愛知県体育館大会のチケットをe+で買ってしまった。
金網でのカベジェラ・マスカラ戦というのも久しぶりだし、生で見たことはないし。
前回の金網では元気が髪の毛切ったけど、今回は神田かハルクってとこかな。
キッドのマスク剥ぎはありえないと思うし、吉野は既に短髪だし、ストーリーの流れ的にYAMATOも負けることはなさそうだし。


+ + + + + + + + + +


いきなりGM室に揃ってるHHH、オートン、シナ。
HHHには歓声、オートンにはブーイング、シナには歓声とブーイングが半々くらい。
"これからの3週間はキミ達3人が交代で仕切るのだ。今日は・・・シナ、キミが仕切れ。"
"何だってんだ?祭典までにケガしたら大変だぜ。協定を組んで1人が仕切るときは他のヤツには休みを与えよう。"(オートン)
"う~ん、オマエ(オートン)は信用できねぇ。コイツ(シナ)もな。"(HHH)
"協定だと?オレは2週間前にペディグリーを喰らって、先週はRKOを喰らったんだ。今夜は楽しいメインを組んでやる。"(シナ)


ビッグショー対誰かの異種格闘技戦
ボクサーの方は終始逃げ回って、仕方なくビッグショーに挑むも、コーナーに叩きつけられ、蹴られ、チョークスラムを喰らってピン。
試合後にタイタントロンのメイウェザーと言い争ってるけど、全く噛み合ってない。
ショーはメイウェザーが話してる間に、誰かを抱え上げてリング外へ放り投げる。
"そいつは負け犬だ。さっさと下げろ"(メイウェザー)
結構ヒドイな、メイウェザー。
この人素晴らしい受けっぷりだぞ?
メイウェザーが祭典でこれくらいやってくれる・・・わけないよなぁ。
大体ビッグショーも今はヒールだし、お客さんの感じだとメイウェザーもヒールだぞ?
両方ともヒールで大丈夫なんかなぁ?


HBK&ネイチ対ケイド&マードック
試合はネイチがケイドを足4の字で固めて、乱入してきたマードックをHBKが変形サソリのような技で固める。
ケイドは耐え切れずにタップアウト。
試合後
"やっぱりオレは祭典で戦えない。、しかし、アンタがそれでも試合を望むのであれば、息の根を止めてやる。"(HBK)


ウマガ対クレイジー
ウマガがサモアンスパイクで勝利。


Y2Jのハイライトリール
ゲストはジェフ。
今回のモニターはジェリトロン6000。
前回は確か5000だったかな?
なんやかんやとMITBの話をしておいて、最後はジェフがジェリコに対してツイストオブフェイト。


シナ対ケネディ
シナは自分で決めたカードなんだけど、何でケンドリックとかにしなかったんだ?
試合では、ケネディがシナに対してエプロンでDDT。
その後も顔面ウォッシュ等で首に集中攻撃と、ケネディのこの辺りの攻めは非常に上手い。
しかし、シナは2回目の顔面ウォッシュをカウンターのクロスラインでかわすと、コーナートップからのレッグドロップからSTF-Uで勝利。
今日のコーナートップからのレッグドロップは距離も出てたし、見栄えもいいし、フィニッシュへの繋ぎとしては最高。


マリアとキャンディス登場して、マリアのヌードが載ってるプレイボーイ誌の表紙を披露。
そこにマレラ登場。
"マリアが表紙になったプレイボーイの表紙なんて、チ●コが萎えるだけだぞ。さ、帰ろう。"(マレラ)
"イヤよ!もう撮影は終わってるのよ!"(マリア)
"どうした生理中か?早く帰るぞ!"(マレラ)
"イヤ!"(マリア)
最終的にはキングがマレラを殴って場外に排除して終了。
とうとうマレラのお役御免かな?
マリアの画像もネットでは結構流れてるので、男として当然ダウンロードしてみた。
見てみたところマリアの乳は本物っぽいとは思うねんけどなぁ。
不自然にデカくもないし。
個人的にはアシュリーのヌードよりマリアの方がソソる。


カリート対コーディのMITB予選
試合はカリートがバックスタバーで勝利。
今日のバックスタバーはここ数ヶ月の中で最高の決まり方だな。


殿堂入り紹介
今回はメイ・ヤング。
当然ながら、殿堂入りもムーラと同時にしてほしかった。
もしくはプレゼンターにムーラとかね。


フィンレー登場。
入場曲が完全に変更。
アイリッシュ系で、どことなく寂しい感じの音楽だけど、これはこれでフィンレーに合ってる。
ジェフやケネディよりしっくりくるね。
JBLの前にビンス登場。
"家族と組んで、私をはめたのは本当か?"(ビンス)
"ああ、本当だ。"(フィンレー)
"父親が私でないのも本当か?"(ビンス)
"アンタが父親じゃかわいそうすぎるからな。"(フィンレー)
"ホーンスワグルはオマエの子供というのも本当か?(ビンス)
"ああ、オレはそれを誇りに思う!"(フィンレー)
"残念ながら今日はJBLは来られない。"(ビンス)
そしてタイタントロンに映ったJBLがいるのはホーンスワグルの病室。
JBLは病室の明かりを消してホーンスワグルに暴行。
2人の試合はレッスルマニアで行われることが決定。
JBLのこういうサイコなヒールもいいね。
内閣を構成してたときのセコいヒールも似合ってたけど、こういうヒールでも見せられるJBLのキャラって貴重だな。


HHH対オートン
シナもどうせならラストマンスタンディングとか、ノーDQ戦を組んだらよかったのに。
試合ではHHHがオートンに対してフェイスバスター、ハイニー、スパインバスターを見舞うと、オートンはたまらずベルトを持って立ち去ろうとする。
それをシナが引きとめようとするが、構うことなく2人まとめて襲い掛かるHHH。
HHHはオートンをリングに戻し、ベルト攻撃をかわすとそのままペディグリーの体勢へ。
しかしリング内にシナが乱入してくると、HHHに攻撃を仕掛けた時点で試合はノーコンテスト。
そのまま、シナはHHHにFUを決めるが、オートンはシナに対してRKO!


今日のシナが仕切るRAWは、イマイチシナのメリットがなかったように見えるけど、シナのキャラ的に2人を追い込むようなマッチメイクは無理。
でも、こういう権力を与えられたHHHとオートンは何のためらいもなく、エゲツないマッチメイクを組んでくれそうな予感。
来週と再来週のRAWはちょっと楽しみだな。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 8
9 14 15
16 17 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
ドラゴンゲートブログ更新通知bot
リンク
amazon.co.jp
amazon.co.jp
googleadsense
プロフィール
HN:
ペイタン
性別:
男性
自己紹介:
このブログはドラゴンゲートメインのプロレス観戦記ブログになります。
ドラゲー以外の団体はWWEや新日本等も観戦しますが、ブログで観戦記を更新することは基本的にないと思います。

管理人への要望や苦情はメール、またはtwitterからどうぞ。
twitterアカウントは@dragatelivevol1です。
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
googlesitemap
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
最新コメント
[07/22 Robin]
[07/22 ペイタン]
[07/22 モチコ]
[07/22 円石ちゃん]
[07/21 ペイタン]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ドラゲーライヴ Vol.1 All Rights Reserved
/