ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。
[220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210]
今年のNBAも今週からスタート~。
こっから数ヶ月はWWE・NFL・NBAと3本サクサク見てしまわないと、どんどん溜まってきてしまうなぁ。
今シーズンのシアトル・スーパーソニックスは結果を気にしてないために、いつもよりか情報に疎い。
とりあえずシーズン開幕前予想を、各ディビジョンと注目チームをメモ程度にアップ。

+ + + + + + + + + +


[アトランティックディビジョン]
さて、今年の再注目チームボストンがどこまでやれるか。
特に、そう長くこのメンバーを引っ張っておくことは難しいと思うので、今年もしくは来年当たりで結果を残さないといけないし。
ボストンの予想スタメンは
1番 Rajon Rondo
2番 Ray Allen
3番 Paul Pierce
4番 Kevin Garnett
5番 Kendrick Perkins
控え James Posey、Eddie Houseなど

やっぱり、1番がネックではあるけど、イースタンカンファレンスでアトランティックディビジョンならディビジョン優勝は最低限の結果として求められるところ。
対抗馬になるのはトロントくらいかな。
ニューヨークに至っては、ランドルフ獲得よりアイザイアのセクハラ裁判の方が気になって仕方ない。
NJは良くも悪くも去年と変わらずかなぁ。
プレイオフに出れれば、まあいいかって感じ。
フィラデルフィアは・・・。


[セントラルディビジョン]
ウェスタンのサウスウェストと同様に、激戦になることが予想される地区。
プレーオフによほどのことがなければ出れるであろうチームが、デトロイト、クリーブランド、シカゴ。
ミルウォーキーもケガ人が戻ってくれば粒ぞろいのチームなんで、プレーオフ出場も全然見えてくる。
インディアナに関しては、今後のビジョンがちょっと見えてこない。
ここ数年、カンファレンス8位前後を行ったり来たりでプレーオフ圏内の微妙なラインを推移。
ミラーやローズを擁した時期からずっと大きく下位に低迷することもないけど、上位に食い込んでも来ない。
つまり中途半端って事。
今シーズンオフにはJ・オニールもトレードの噂が絶えなかったし、オニール放出して再建の道を歩んでもいいかなぁと思う。


[サウスイーストディビジョン]
ここのディビジョンはオーランドとラシャード君に注目。
今期、長期高額契約での移籍だけにプレッシャーはかかってくるだろうけど、さてどうなるか。
ソニックスの時と違うところは、インサイドに自分がまわらなくてもハワードがいること。
頼れるインサイドの核がいるだけに、上手くかみ合えばディビジョン優勝はありえる、かな?

オーランドの予想スタメン
1番 Jameer Nelson
2番 Keith Bogans
3番 Hedo Turkoglu
4番 Rashard Lewis
5番 Dwight Howard
控え Pat Garrity、Tony Battieなど

対抗はワシントン。
まあ、ビッグ3が揃って健康でシーズンを過ごせれば問題なくプレーオフ進出は固いけど。
それより心配なのはマイアミ。
もうレギュラーシーズンのシャックはあてにはならないと思ってるんで、またもやウェイドにおんぶにだっこのシーズンになってしまいそう。
ウェイトオーバーのウォーカーを放出してR・デイビス獲得は正解かなぁ。
ウェイドとデイビス、相性いいと思いますか?
ただでさえ、レブロンと共存できない選手だったのに。。。


[パシフィックディビジョン]
とりあえず、このディビジョンはコービーでしょ。
今オフにトレード志願や、フロント批判を繰り返した男だけど、実力は折り紙付き。
いかに、コービーに気持ちよくプレーさせることができるか。
結局マリオンとかのビッグネーム獲得も水の泡と消え、去年とほぼ変わり映えのしないメンバーでは、いくらコービーが頑張ってもプレーオフ進出位が限界かな。
フィッシャー獲得は間違いなくプラスですけど。
順位としては、レイカーズ、クリッパーズ、ウォリアーズはそれぞれプレーオフ進出を狙って同一線上かな。
ディビジョン1位と最下位はぶっちぎりでサンズとキングス。
今まで、他のチームにいて実力を発揮出来なかった選手(ラジャ・ベルとかディオウ)が才能を開花させる場所、フェニックスでヒルはどんな活躍を見せることができるかは楽しみ。


[サウスウェストディビジョン]
テキサス3チームの強さは今季も抜けてる。
特に今期はヒューストンへのフランシス加入がいい方向に出るか。
プレシーズンでは1番はアルストンで、控えにマイク・ジェームズ。
となると、フランシスは控えが濃厚ではあるということで、いい方向も悪い方向も、別に影響はこれっぽっちも与えないという可能性の方が高いかも。
王者スパーズは面白くない位に盤石。
ダラスはプレイタイムがどれだけ与えられるかは未知数だけど、新たにエディ・ジョーンズを獲得。
カンファレンス3位以内は固いと見る。


[ノースウェストディビジョン]
将来に向けて動き出したチームと、これから成熟期を迎えていくチームと、そろそろ峠を越しそうなチームが混じったディビジョン。
となると順位としてはそろそろ峠を越しそうなチーム(デンバー)が1位で、これから成熟期を迎えていくチーム(ユタ)が2位、将来に向けて動き出したチーム(シアトル・ポートランド・ミネソタ)が下位に沈むことになるとは思う。
ただ、ポートランドなんかはオデンが開幕から出場できれば、プレーオフ出場の可能性は高いとは思ってたんだけど、シーズン絶望ってことでそれも終了。
まあ、今期もいいドラフト順位を引っ張ってきて、来期に大躍進できればいいのでは。


長々と書き連ねて来たけど、とりあえずのカンファレンス順位予想。
あくまでもディビジョン優勝とかは考えずに、勝率のみの順位です。

イースタンカンファレンス
1 ピストンズ
2 ブルズ
3 セルツ
4 キャブス
5 ウィザーズ
6 ラプターズ
7 バックス
8 ヒート

ウェスタンカンファレンス
1 スパーズ
2 マブス
3 サンズ
4 ロケッツ
5 ナゲッツ
6 ジャズ
7 ウォリアーズ
8 レイカーズ


ついでに個人タイトル
得点王:Kobe Bryant(LAL)
リバウンド王:Dwight Howard(ORL)
アシスト王:Jameer Nelson(ORL)
新人王:Kevin Durant(SEA)
MIP:Al Jefferson(MIN)


アシスト王は個人的な好みで選んだけど、それ以外は無難過ぎて面白くも何ともない予想だ。
また、シーズン終了したら検証でもしましょうか。
多分しないだろ。

さて今晩はスマックダウンに、JスポでのHOU-LAL、BSでのSA-PORと3本立て。
昨日録ったマンデーナイトのGB-DENも後半が残ってるし。。。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 8
9 14 15
16 17 20
24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
ドラゴンゲートブログ更新通知bot
リンク
amazon.co.jp
amazon.co.jp
googleadsense
プロフィール
HN:
ペイタン
性別:
男性
自己紹介:
このブログはドラゴンゲートメインのプロレス観戦記ブログになります。
ドラゲー以外の団体はWWEや新日本等も観戦しますが、ブログで観戦記を更新することは基本的にないと思います。

管理人への要望や苦情はメール、またはtwitterからどうぞ。
twitterアカウントは@dragatelivevol1です。
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
googlesitemap
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
最新コメント
[07/22 Robin]
[07/22 ペイタン]
[07/22 モチコ]
[07/22 円石ちゃん]
[07/21 ペイタン]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ドラゲーライヴ Vol.1 All Rights Reserved
/